美肌は肝臓から 傾向と対策3つ

便秘でお肌が荒れるのは有名ですね。しかし、肝臓が弱っていると、肌トラブルになり易いんですよ。婚活女子は意外とこれを知らず、上辺のスキンケア・美容を繰り返しています。

肝臓が弱ると

まず、肝臓で作られる体内酵素が不足、お肌の代謝にも来て、くすみ、ニキビが増えます。

加えて、肝臓は、血液の解毒をしているので、弱ればデトックス機能↓で、老廃物が溜まったままになって、お肌ですと、メラニン色素が蓄積。シミになります。黄疸や肝斑は、一般的には知られている事実ですが、こうしたお肌のマイナートラブルも、肝臓が悲鳴を上げているサインです。ほら、芸能人で、急に休養宣言する人とか居るでしょう。それ以前に何となくお肌の感じが良くないですよ。いくらテレビ用メイクで隠しても。ですので、それを知らず、いくら高い基礎化粧品でくすみ・ニキビ・シミケアしたとしても、治らないわけです。

肝臓が弱っているときの症状

老廃物がデトックスされないので、ドロドロ血になり、これは執拗な眠気となって現れます。とりわけ食後、異常な眠気が襲ってきます。肩・首のこりも、ひどくなります。肝臓機能↓と、筋肉の柔軟性が失われ、こりになってしまうんです。パソコンのし過ぎとか、思ってしまいますが。また、やる気↓、イライラなどもあり、これもストレスになります。

肝臓が、怒りの臓器とも言われる所以です。さらに、脂肪分解が出来ないんで、食後の不快感や、太りやすくなるなどの、症状もあります。カロリーとか気にしているのに、嫌ですよね。肥えて居たら、健康な証拠の様に思われますが、少しも健康ではありません。悪いモノがデトックス出来ず、溜まっているだけですから。健康になるのが一番のダイエットでしょう。

肝臓が弱ってると思った時の対策

まず、内科で検査しましょう。お肌が荒れてるのは、別の要因かも知れませんから。それで、肝機能↓と言われたら、普段の生活ですべき点があります。内科は、医師との二人三脚ですからね。まず、食べ過ぎは、too muchな栄養処理で肝臓がへばるので御法度。もちろん、お酒が悪いのは、知ってますね。そして、食べ過ぎは良くないのですが、良質なタンパク・ビタミン類はむしろ増やし、主食や油脂は控えるんです。詳しくは、女子栄養大学などが出している、肝臓病の為の食事なんかの本を参考に。もし、忙しくて自炊できないのであれば、昼間は焼き魚定食などヘルシーなものにし、コンビニやスーパーで買うお惣菜を工夫します。20種類品目サラダとか、最近はそうした、一人暮らしの人用の良いメニューが増えていますよ。後は、休養です。酵素を作る機能が下がってるんで、なるべく無駄に消耗しないようにしましょう。ただ、寝てばかりと言うのも健康には悪くて、適度に動いて、血流は上げておきましょう。各種サプリメントは、ウコンやシジミなどが有名ですが、こればかりに頼って、医学的処置は怠らない様にしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です