絶対付き合いたい!店員に恋をしたときのアピール法

買い物をしている時に店員に恋をしてしまう、というのも珍しいことではありません。
では店員さんに恋をしてしまった場合にはどうすれば良いか迷いますよね。

まずはお店に通いつめる

気になる店員さんがいるけど、店員さんとの距離が遠いのであればまずはそのお店に通いつめてください。

間違ってもいきなり連絡先を渡してしまってはダメです。
自分の気持ちを伝えるというのはとても勇気のいることです。
でも、気合を入れすぎていきなり気持ちを伝えても失敗することが大半です。

顔や名前も知らない人から連絡先を渡されたとしても、まず不信感以外なにも感じません。
お店に何度も足を運び、少しずつでもまずは顔を覚えてもらうのが重要です。

通いつめて常連さんになったら、店員さんに話かけること自体に抵抗がなくなります。
そこから、距離をどんどん縮めていけます。

ちょっとだけ会話できるようにする

何度かお店に訪れても、一日に何人ものお客さんと接している店員さんにとって、あなたはお客さんのうちの1人です。

そのため、お店に通うだけではなかなか顔を覚えてもらうことすらもできません。
最初は恥ずかしいと思うかもしれませんが、できるだけ会話をしてから自分のことを相手に印象づけるよう心がけてください。

友達のような感覚でいきなり会話をしてしまうと馴れ馴れしい人だと思われてしまう可能性があります。
まずはあくまでも店員さんとお客さんという関係を崩すことなく、会話を楽しむのが大切です。

他の店員さんにサポートしてもらう

店員さんと仲良くなったら、今度はその人に彼女がいるのかどうかが気になると思います。
彼女がいるのを知らずに告白なんてしてしまえば、ほぼ間違いなく撃沈してしまいます。

そのため、本人に彼女がいるのか聞きたいところですが、それでは半分告白しているようなものです。
そういうときは他の店員さんに、気になる店員さんに彼女がいるのかどうかを聞いてみてください。

ダラダラと話をしてしまうと、時間をとってしまって迷惑をかけてしまうことがあります。
そのような時にはできるだけ手短に要点だけを伝えてみてください。

連絡先を渡してみる

ある程度気になる店員さんとの距離が近づいてきたら、思い切って連絡先を渡してみましょう。

もちろん、隙を見て気持ちを直接伝えるというのも良いです。
しかし店員さんが働いているとタイミングを見計らって告白するというのは簡単ではありません。
さらに人の目が気になってしまうと思いますので、紙に連絡先を書いて渡してみるというのはどうでしょうか。

また、連絡先だけでなく自分がどのように思っているのか、ということを簡単に伝えるといのも良いかもしれませんね。
紙に書いて渡すのであれば、考える時間もあるので相手はきっとあなたの気持ちをしっかりと受け止めてくれます。

店員さんと付き合うためには焦りは禁物です。
少しずつ距離を縮めていけるようにアプローチしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です