器量が良いのに売れ残る女子の特徴3つ

案外、美人で結婚できていない者は在ります。

単に性格が悪い

美人は、何もしなくても、あらゆる人が寄って来るんで、内面を耕す必要は、ありません。ですので、幼児のまんま、エゴまるだしの、えげつなさが在ったりします。また、○スでも、例えばマツコ・デラックス並に頭の回転が速く、会話が面白ければ、人が寄って来るんですが、そういうのが、許せないんです。しかも、○スなりに、幸せを見出して、サクセスしたりするのも、許せない。ネットで、今は素敵な女性の林真理子先生は、今でも叩かれていますよ。よほど、○スが、下剋上するのが、許せないんでしょう。また、容貌が理由なだけで、可愛がられているわけですから、本当に中の人を見て、接してもらっていません。そういう事情も、可愛い者だけが愛されるべき、と言う思い込みに拍車をかけるわけです。かくも、○スが苛められて性格が歪む以上に、歪んでしまう訳です。まれに、フィギアとか好きて、稼ぎのいい男子が、それでもいいわと、結婚します。しかし、家庭を築いたりは出来ません。年相応の内面なんて無いんですから。多くは不毛な結婚生活をお金で埋めています。

お高く止まっている

女子は、容姿が良い程、自らに高値を付けます。そして、こんなキレイなのだから、外見だけでなく、収入も学歴も良い男子がgetできるはずであると、アラサーになっても信じて疑わないわけですよ。実は性格が最悪だとか、家庭的な所が少しも無いとかは、美貌のがあれば、すべてカモフラージュできるとでも思っているのでしょう。それで、幾らヒルズ族とかでも、外見がアレだと嫌がりますし、ジャニーズ並でも、年収300万位だと、最初から見向きもしない訳です。男子の中の人ひ惚れているのではなく、条件に惚れているのに。だから、お見合いしようが、婚活パーティー出ようが、相手は見つかりません。少しでも譲歩できる余地があればいいのですが。実例として、最近歌舞伎役者と44歳で再婚したモデル。また、ハイミスになってしまった客室乗務員などが、あります。

男子に恐怖心

これ、女きょうだいしか居らず、女子校育ちで、厳格な家庭の女子に多いのですが。小学生以来、男子と接した経験が無く、なんか、別の怖い動物という感じです。多分に遊び馴れている男子や、処女フェチには、そそられるものがありますが。源氏物語で源氏が、紫の上を調教したようにする醍醐味があるんです。ですが、普通の男子は、避けます。少し器量に難有りでも、包容力があって、触れさせてくれる女子に走ります。個性的な外見(失礼)の、女芸人の結婚ラッシュを見たら、解りますよね。山田花子が結婚できた際は、多くのアラサー・アラフォーの独身女子が、おかんに、「あんた、もう言い訳出来へんで!」と、言われたとか。男子は、やらせてくれない美人よりか、やらせてくれる○スなんですよ。証拠に、インターネットでは、案外クリーチャーな外見(失礼)の女が、子供を複数連れていると、言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です