これでダイエットは無理せず成功! 守るべき5つのポイント

ダイエットの基本は食と生活の習慣を改善し、継続していくことです。改善を継続していった結果、健康を守り、さらにキレイにやせていく、という順番になります。そのため必ず守るべきことがあるのです。

5つの守るべきことを続けていくと、次第に本来あるべきキレイなボディラインに変わっていけます。その守るべきことを5つご紹介しましょう。

139-1

質の高い睡眠をとる

139-2

ダイエットと睡眠はあまり関係ないように思えるかもしれませんが、眠っている間に身体はダメージを修復していくことは確かです。体験したことがある方も多いでしょうが、睡眠不足が続くと肌がボロボロになっていきますよね。美肌のためにも睡眠は重要です。

 

この睡眠ですが、長さより質の高さを守ることがポイントになります。どれだけぐっすりと熟睡できて、目覚めたとき満足しているかが重要なのです。ダイエット効果も体が健康であれば結果は出やすくなります。美肌効果もあるわけですから、質の高い睡眠はマストです。

 

質の高い睡眠を取るためにはベッドに入る1時間前は強い光を見ないことが基本。スマホもPCも見ない工夫をしましょう。また朝の太陽の光を浴びることも、質の高い睡眠を約束するメラトニンの基になるセロトニンがうまく作られるので、生活習慣を改善しましょう。

 

栄養バランスの良い食事を摂る

139-3

現代人は手軽な食事で済ませたいほど忙しいもの。ダイエット中だと「食べないほうがダイエットに効果的かも」と疎かにしがちです。でもこれは大きな間違い。栄養バランスが崩れていれば、やせるためのエネルギーも不足し、やせにくくなってしまいます。

 

守るべきポイントはもうおわかりですよね。栄養バランスの良い食事への切り替えはダイエットでは欠かせないことなのです。低カロリーでも栄養バランスがうまく整っているのは和食。普段の食事を和風に変える習慣にしておくこともいい方法です。

 

自炊している方はできるだけ和食のレパートリーを増やすと、うまく栄養バランスを整えるためのメニューも組み立てやすくなります。外食する際も和風定食を選ぶと、うまく低カロリーで栄養バランスの良い食事にできるので、上手に選んでください。

 

運動を生活の中に取り入れる

139-4

便利な世の中になってきたのはいいことです。とはいえ毎日の中で運動量は少なくなってしまいました。ダイエットにはあまりいいとは言えなくなったともいえます。そのためやせたい現代女性は毎日の習慣に運動を行うことを組み込む必要があるのです。

 

守るべきポイントとなる運動ですが、毎日気軽に続けられるものがおすすめ。ウォーキングでもいいですし、負荷が少なめのダンベルでの筋トレ、あとはストレッチもいい方法です。意外と気軽に毎日できる運動は多くなっていますから、試しやすいものを選びましょう。

 

自宅で簡単にできるものもかなりあります。またオフィスで肩こりを防ぐために、仕事の合間にストレッチをしたり、階段を使ったり、というのも試しやすいですし、普段の生活の中に取り入れられます。ジムに行く余裕がなくても運動する習慣はつけられるのです。

 

全身が映る鏡でチェックする

139-5

鏡は平面とはいえ、かなり正直に今の自分を教えてくれます。ダイエットの際に用意すると、目安にもなるのでおすすめなのは全身が映る鏡です。お風呂上がりに自分の全身を鏡でチェックする習慣も守るべきポイントになります。

 

とはいえ単に鏡の自分を嫌になるのではなく、もっと客観的に見ましょう。このパーツをどう鍛えて引き締めるか、という形でチェックすることが重要なのです。ダイエットだとつい嫌いな自分の部分ばかり見てしまいますが、全体のバランスを見てあげます。

 

脚を引き締めるためにマッサージも加えるべきなのか、バストアップのための筋トレやストレッチを加えるべきなのか、ヒップラインのために階段の上り下りを増やすか、とみられるようになれば、ダイエットは理想的なボディラインを手に入れる方法になります。

 

体重に囚われない

139-6

肥満になったりスリムになったり、という体型の変動を繰り返してきた今は亡き女優エリザベス・テーラーが本当の意味でのダイエットに取り組んだとき、体重ではなく体型に気を配ったということを自伝にかいています。見た目の感覚が重要だとも書いているのです。

 

エリザベス・テーラーがダイエットの極意として教えてくれるのは、体重の数値に囚われていては成功しないということ。体重計の数値はあくまでも目安に過ぎません。見た目で「あ、いいかも?」と思えるボディラインになることのほうが重要です。

 

今の体重が不満でも見た目が引き締まっていてグラマラスなら、今の見た目を維持させるエクササイズのほうがダイエットでは効果を発揮します。重さなんてお姫様抱っこでもわかりません。それにやせるまでには着やせの工夫をしていればいいだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です