基礎化粧品の成分をマックスに出す 方法2つ

別のコラムでは、基礎化粧品のお肌への浸透↑を書きました。そうではなくて、基礎化粧品の成分自体をフルに出すやり方です。メイクアップアーティストなどの、本職さんがやっているんで、是非やりましょう。案外、一般人は、基礎化粧品の成分を有効利用出来て無いんですよ。

電子レンジで基礎化粧品を温める

これ、同じ基礎化粧品を使っても、効果が格段に違うと口コミになっています。手軽に温めるだけなのですが、効果の程が、すごいらしいのです。まず、アラサー成ると目立つ毛穴が、目立たなくなってくるんです。また、お肌がモチモチになってきますね。基礎化粧品が、お肌に化粧水にすごい勢いで吸収され、スグ美肌になれてしまうんです。標準的レンジである600Wで、7秒温めるだけです。それ以上やったら、やけどしたり、成分が破壊されるリスクがあります。専用のキレイな小皿に入れて、ぬくめたら、熱過ぎないか?みてから、お肌に、いつもどおり、付けてお手入れです。もっともっと、効果↑ポイントには、ぬくめた基礎化粧品後に、保冷材でマックスでも2秒ほど冷やすステップ。やり過ぎたら、しもやけですが、毛穴が、子供の頃みたいに引き締まるんです。この、温→冷美容法は、健康ランドなどで、温泉と水風呂を交互にしたらいいのと、似ていますね。ただし、電子レンジNG基礎化粧品も。それは、ビタミン系とオールインワンゲルなどのゲル系です。有効成分が見事に破壊されます。ただ、ノーマルのをやったら、プチプラでも、高級スキンケア基礎化粧品レベルになれますコストパフォーマンス最高ですよ。ただ、水の結晶の人や、沖縄のユタの後継者は、生命体の波動が乱れると嫌います。オーガニックコスメ信奉者は、止めた方がいいかも知れません。霊感が下がるとか、レンジかけた水はキレイな結晶に成らないと言いますし。

基礎化粧品の前に美容オイル

ブースター(化粧水前の導入液)にオイルを使うんです。認知は無かったんですが、口コミで広まりました。ブースターを洗顔後やってから、基礎化粧品であると、浸透↑です。オイルすなわちフタであると、美容部員などに指導され、スキンケアのフィニッシュというイメージが強いでしょう。しかし、多くのメイクアップアーティストや美容研究家の試行錯誤で、美容オイルは、基礎化粧品より先にお肌にonした方が、効果↑とわかってきたんですよ。それは、オイルが、お肌を柔らかくして、基礎化粧品の成分の浸透が、格段に改善するからなんですって。ただし、ブースターオイルは、お肌に合うモノでなくてはいけません。敏感肌・アレルギー持ち女子はご注意を。大き目のドラッグストアなんかに、ココナッツオイル・アルガンオイルなど、専用のモノがあるんで使います。ただ、ベビーオイルは、しみこまないそうです。続けていくと、お肌の質感が違ってきます。基礎化粧品を変えたわけでもないのに。ただ、ニキビが出来易い人は、止めた方がいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です