シワの改善法は??

アラサーになってくると、しわが目立ったりもします。そこで、改善法を考えてみました。

 

まず、タバコを吸っていませんか。同窓会がそろそろ多いかも知れませんが、老けたなあと思う人は、例外無く、喫煙者だったそうで。タバコの成分が血流を悪くするから、とも言われています。美肌の為に禁煙は必須です。あとは、日焼け対策は、バッチリでしょうか?しわ含め、お肌の老化には、太陽光線が大きくかかわっています。今からでも遅くないから、帽子は必ず被りましょう。ある程度の太陽光線は、ビタミンDの合成に要りますが、浴びるのは日差しの弱い朝夕、15分くらいとか。

 

乾燥を避けましょう、しわは乾燥によっても出来易くなり、さらに乾燥は、出来てしまったしわをくっきりさせます。1000円以下のプチプライスの乳液を持ち歩き、頻繁に塗りましょう。乳液原理主義者?!の本を読んだのですが、高い有効成分がいっぱいの乳液を朝夕塗るだけより、安い乳液でも頻繁に塗り、お肌を乾燥させないのが重要なんだそうです。

 

そして、この乾燥で出来てしまったしわは、まだまだ消しやすい部類です。しかも、手間がそんなに、かかりません。まだ、アラサー位の年齢であるならば、圧倒多数乾燥で、出来てしまったしわなので、見つけ次第、乳液を頻繁に塗るなどの対策を講じましょう。このような保湿成分を使って1か月ほどお肌を保護しておくと、ターンオーバーが、若い頃の様になって肌が正常に入れ替わります。

 

きちんとした肌バリアに守られて形成された細胞は、乾燥状態のときに粗雑に作られた細胞よりも質が格上なのです。粗雑に作られた細胞は、形がイレギュラー。いきおいお肌のキメが乱れ、細胞の機能の内、天然の保湿成分の膜が標準装備でなかったりしますが、保護されて形成された細胞は、形が規則的でキメがあり、天然の保湿成分の膜もあります。そうなるとさらに、乾燥に強い肌に変わってくれるのです。

 

一方で、お肌がたるんで出来るしわは、なかなか厄介です。お肌自体のハリ成分、コラーゲンとかが無くなっててきているわけで、乾燥じわみたいに、短期間で薄くするのは、無理があります。ですが、ケアを継続するならば、幾分遅れさせられます。それは、多くの女性の経験からも、裏付けられています。たるみによるしわは、老化と、表情が原因です。

 

お肌のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの構成している物質が減少したり、物質が形成していた架橋構造が壊れてきますそうなれば弾力が無くなって、表情筋によりできるシワががちで固定化してしまうんです。

 

こうした、たるみをで出来るしわを薄くするには、お肌の構成成分の、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった成分をお肌に入れてあげるのが大事。そこで、レチノールです。コラーゲンを作ってくれる繊維芽細胞を若い頃の様に元気にして、コラーゲンがリカバリーして、お肌にハリが戻ってきます。

 

しかし、レチノール入りの化粧品は、お値段が張るんですね。じゃあ、レチノールは、タミンAの化学名なんで、緑黄色野菜をたくさん摂りましょう。それと、糖鎖の多い食品を。糖鎖は、細胞のアンテナで、栄養を取り込んだりするのに使われます。ですので、美肌以外の美容と健康にいいわけです。この場合、レチノールが取り込まれるのに、不可欠です。ビタミン・ミネラルは、良く知られていますが、糖鎖は意外と知られていませんね。

 

含まれてるのは、卵、乳製品、海藻類、キノコ類、穀物や野菜果物の皮、甲殻類になるんです。これらを取ればいいんです。健康やスピチュアル業界で有名な塩谷信男先生は、我が子にまで野菜果物は、皮ごと食べるように躾けていたとか。お子さん方は、もう、ご高齢なのですが、まだまだ活躍されています。なお、卵、乳製品、甲殻類アレルギーであっても、海藻類、キノコ類、穀物や野菜果物の皮のうちの複数にはアレルギーが無いハズなので、それで摂りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です