たるみをなんとかする

ある日、ふと鏡を見たら、お顔がぼんやりして、大きくなった感じ。それは20代から、すでに始まっている、たるみです。どうしましょう。

 

たるみがあると、年行って見られて、嫌ですよね。では、出来てしまう原因と、少しでも減らす方法は、あるんでしょうか?まず、たるみの原因は表情筋の劣化です、筋肉が悪くなると、その上の皮膚もたるむわけです。

 

あるいは、お肌自体が老化して、構成要素のコラーゲンとか、エラスチンが減って、肌組織の架橋構造が乱れてしまうから。そうなれば、当然、お肌のハリや無くなります。また、年が行くと紫外線・ストレス・タバコによって出来る活性酸素を食べるシステムが悪くなり、お肌のコラーゲンとかエラスチンの架橋構造を壊してしまうんです。ですから、喫煙者はタバコを止めます。また、乾燥も、お肌のハリを奪い、たるませます。

 

では、どうしたら、いいのでしょうか?以外と知れれていないのが、首の筋肉の凝りが、たるみになると言う事実です。なぜならば、頭部の血液・リンパは、首を通るので、これをスムーズにしてやらないと、栄養が行き渡らず、たるみに。

 

また、首が凝っていると、自律神経失調症になりやすく、勢い代謝も悪く成り、お顔の血流も悪いわけです。スマートフォンやパソコンを、ぶっ通しで使い過ぎると要注意。休憩をマメに入れ、首の筋肉の凝りをほぐすような、ストレッチを。例えば首を回す/左右前後に傾ける/首の凝りをほぐすツボを押すなど。

 

首自体に温シップをしてもいいです。ドラッグストアにある専用のモノか、蒸しタオルで出来ます。鍼灸に行って、たるみに効くツボに、施術した貰ったり、整体で、首凝りを取ってもらうのもいいでしょう。

 

お顔の表情も、要因です。よく、建前だけで生きていると、能面のように、お顔を動かしません。そうすれば、表情筋が鍛えられず、お肌の下の筋肉がタルタルに。いきおい、お顔の皮膚も、たるんできます。

 

たるみに良い、食品もあります。大豆製品です。イソフラボンが、天然の薬、女性ホルモン様作用を持ち、体を活性化。たるみ解消にもいいわけ。あとは、血流を良くするビタミンE、お肌を強化するビタミンA、代謝を良くするビタミンB群を摂りましょう。

 

最近では、スイーツが、たるみ含め、老化の要因になるのが、わかってきました。 糖はエネルギー源ですが、余分な糖は、あらゆる組織を糖化して、劣化させます。これが、老化のプロセスの1つなんです。お肌の場合は、たるみなどの老化が促進されるんです。でも、食べ方なんかを工夫すれば、糖化は、ブロック出来ます。

 

糖化は、血糖値が高い状態で促進されます。ですので、ゆっくりとした血糖値上昇をさせ、その間に、糖を消費出来るように、したらいいんです。具体的には、食物繊維をスイーツと一緒に摂る/スイーツはカロリー消費の多い朝昼に摂るなどの、工夫が重要になります。夜にゆっくりした時に、スイーツを食べたいですが、出来れば繊維質もある低カロリーな、フルーツ位にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です