腰痛に悩まされる女子急増!腰が痛くなる原因について

仕事をしている女性にとって、腰痛は大敵以外の何者でもありませんよね。

もちろん主婦の女性も、掃除や洗濯というのは腰の負担になることも多く、辛い腰痛に悩まされているという方も多いのではないでしょうか?

 

実は女性が腰痛に悩まされるのには、それぞれ原因があります。

「特に腰に悪いことはしていないんだけどなぁ」と思っている方もいますが、気付かないところで腰の負担になっていることもあるので、その点は注意しましょう!

 

ここでは、女性の間で急増している腰痛の原因について紹介します。

原因が分かれば、ある程度対策もできますからね。

 

■長時間座りっぱなしor立ちっぱなし

 

近年の働く女性は、極端にライフワークやワークスタイルが偏っている傾向があります。

デスクワークの事務職の方などは、長い時間椅子に座っていることが多いですよね。

逆に店舗のサービススタッフなどとして働いている方は、長時間立ちっぱなしになっていることも多いです。

 

実は、これが腰に良くないと言われているんですよね。

腰にはそれぞれ骨が組み合わさる形で構成されているのですが、一定以上身体を動かさずに固定すると、腰への負担が多くなってしまいます。

これは腰周辺の筋肉を使わないことにも起因しており、十分気を付けることが必要です。

 

座りっぱなしにも立ちっぱなしにもならないように、定期的に体勢を変えたり、休憩を挟んだりすることによって、腰の筋肉を伸ばしましょう。

 

■慢性的な運動不足

 

女性の中で、「毎日運動しているよ」という方は、おそらくほとんどいないのではないでしょうか。

人間の身体というのは歩くだけでも効果があるのですが、そもそも「歩くことすらほとんどしなくなってしまった」という方も多いです。

 

そういった慢性的な運動不足によって、腰の筋肉が衰えると、腰を支えることができなくなり、骨自体に悪影響を与えることが多くなります。

また、骨盤などの歪みにも繋がってきますし、運動しないことによって太りやすい体質になってしまうことにもなります。

 

腰の筋肉が弱くなってしまうと、当然腰痛の原因になってしまいますし、ギックリ腰やすべり症、椎間板ヘルニアになってしまう可能性も高くなります。

定期的に運動を取り入れて、身体を鍛えておくことも腰痛対策になりますよ!

 

■ホルモンバランスの崩れ

 

女性は、実はホルモンバランスと腰痛に深い関係があります。

自律神経も乱れやすいのが女性の特徴なので、周期的に変化するホルモンバランスの影響もあって、腰痛を引き起こしてしまうという方も多いです。

 

近年は特に仕事でストレスを感じている女性も多いですし、人間関係でストレスを感じる方も多くなっています。

それらの精神的な負担が自律神経を見出し、ホルモンバランスの乱れなどにも繋がっていきます。

 

結果的に腰痛だけでなく、精神的にも不安定になってしまって自律神経失調症やうつ病になってしまうことも多くなります。

ホルモンバランスは普段の食事などによっても改善していけるので、その点も加味して生活習慣から変えていくことも視野に入れておきたいですね。

 

 

 

女性の腰痛が増加している原因は、単に「これだ」と決まっている訳ではありません。

だからこそ、その女性の数だけ腰痛があると言っても過言ではありません。

原因を知り、しっかりと対策がしていくことが、腰痛改善の第一歩と言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です