知っておきたい!バレンタインで手作りチョコを貰った男性の本音

バレンタインデーは、ある意味女性も男性も楽しみなイベントですよね!

近年は色々なレシピも登場し、かなりハイレベルな手作りチョコレートを渡すという女性も多くなっています。

しかし、その一方で「貰った男性の本音はどうなんだろう」と思ったことがある女性も多いのではないでしょうか?

 

手作りチョコレートは「少し重いかな」と思ってしまうこともありますし、「もし食べてくれなかったら・・・」と考えてしまう方も多いはず。

そこで、実際に男性に聞いてみました。

 

手作りチョコを貰った男性の本音は以下の通りです。

 

■男性A:愛情が籠っていてとても喜ばしかった

 

やはり手作りというのは、愛情を感じる方が多いようです。

一生懸命作っている姿を想像し、その姿に嬉しくなる男性も多いようですね!

味よりもまず、一生懸命作ったという事実に男性は胸キュンしてしまうものです。

 

もちろん手作りチョコを作るということは、相手が本命ということですよね。

本命の彼に渡すのであれば、当然力を入れてくるのも明確です。

そんなに一生懸命作ったものを受け取れば、嬉しくならない男性はいないということ。

 

ただ、義理チョコなのに手作りにしてしまうというのは、ちょっと驚かれるかもしれません。

もしくは「俺のこと好きなのかな」と勘違いさせてしまう原因にもなるので、義理チョコの場合は市販のものにした方が無難です。

 

■男性B:ただ溶かして形を整えただけのものはちょっと・・・

 

手作りチョコレートを作る方法として、一番簡単な方法がもともとのチョコレートを溶かして作るというもの。

これに関しては、とても作るのが楽なので良いのですが、男性の中には「これって溶かしてくっつけただけだよね」と思ってしまうかも。

 

そんな風に思う男性はもともと性格が良くないのかもしれませんが、正直表面上は喜んでいても、内心そう思っている男性もいるのが事実です。

手作りする場合は、素材から作れとは言いませんが、少し工夫が必要かも。

 

男性の中には色々なチョコレートを貰う方もいるので、ある意味目が肥えている方も多いです。

その点はしっかりと考えて作ることが必要かもしれません。

 

■男性C:意識していなかったのに意識するようになった

 

ある男性は、手作りチョコレートを貰った瞬間から、その人のことを意識してしまうようになったと言います。

手作りというところが本気度もありますし、何よりそういったチョコレートを貰って嬉しくない男性の方が少数派です。

 

自分のことに興味が無い男性に対しても、勇気を振り絞ってチョコレートを渡したのなら、その気持ちがしっかりと伝わるはずです。

近年は自分から進めない草食系男子が多くなっているので、女性の方から渡してみてはいかがでしょうか?

 

バレンタインデーがきっかけで交際に発展した方もいるくらいですからね!

頑張って渡してみましょう!

 

 

 

バレンタインにチョコレートを貰うだけでも嬉しいという男性が多いですし、それが手作りだったら男性は「俺に気があるのかな」と考えてくれます。

恋愛のきっかけが掴めていない方も、バレンタインというチャンスを十分に活かしてみると良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です