ニート・無職が急増!仕事が決まらない女性の特徴

大学生の就職率が毎年低くて驚いている方も多いかもしれませんね。

しかし、それ以上に近年は年齢を重ねた女性のニートや無職が多くなっているのも事実。

決してニートや無職の人が悪いとは言いませんが、これからの時代は女性も仕事をして生きていかなければならないかもしれません。

 

そうなった時、実際に就職できないままだと、生活が困窮してしま自体となります。

それを避けるためにも、まずはしっかりとした自己分析が必要となります。

まず、「どうして仕事が決まらないんだ!」と嘆くのではなく、「就職するためにはどうすれば良いのかな?」と発想の転換をしましょう。

 

ここでは、仕事が決まらない女性の特徴を紹介するので、見事に当てはまってしまっている人は、自分を変えていく努力をしましょう!

 

■目標や目的がない

 

近年の若い層に多くなってきたのが、「目標なんてないしぃ・・・」という方や「目的って言われても困るよね」という方です。

仕事をするということは、何かしらの目標や目的が必要となります。

いわば目標や目的はコンパスのようなもの・・・それが無ければこの不景気の就職という荒波で遭難してしまうかもしれません。

 

目標や目的はより具体的な方が良いのですが、まずは適当に立ててみることにしましょう。

働く目標や目的は正直なところ何でも良いです。

「もちろん生きていくため」というのも良いですし、「海外旅行に行きたいから」という目的や「趣味を充実させたいから」というもので大丈夫。

 

そういった自分の人生の指針があれば、迷うことなく進んでいくことができます。

もちろん、それが決まれば仕事もおのずと何を選べば良いかわかってきますよね。

 

■やりがいを感じない

 

自分が行うことにやりがいを持てないという方も多くなってきています。

仕事をする時、何かやりがいがないと続きません。

せっかく目標や目的を持てたのに、仕事にまったく意味が感じられないという方がいるのも現実です。

 

「いつか辞めてやる!」と思いながら働くのは、とても辛いことです。

いつかではなく、今自分にとってのやりがいを見つけることが重要だと言えますね。

例えば、「人にありがとうと言われたい」と思うこと、それも立派なやりがいです。

 

仕事を長く続けられる人の特徴としては、とにかくそういった自分なりのやりがいを見つけるのが上手な点です。

例え人から羨ましいと言われる職業ではなくても、本人が納得していれば仕事はもっと楽しくなります!

 

■人と関わるのが苦手

 

就職できない人の多くが、「私って人と話したり仲良くしたりするのが苦手なの」という方です。

それは確かに就活では不利になってしまうかもしれません。

仕事というのは基本的に仲間との関わりが必要となりますし、自営業の方でも取引先や利用客との関わりが必要となります。

 

仕事をする上で、コミュニケーション能力が一番大切と言われるのには、そういった人と人との関係を良くする理由がある訳です。

当然、話しができない人に仕事を任せるのは難しいですよね。

 

人と話す時、あまり意識せずに会話することを心掛けてみましょう。

少し話し易くなるだけで、周りの人からの目はぐっと変わっていきます。

最初は緊張してうまく話せないことも多いかもしれませんが、コミュニケーション能力は必ず改善することができます。

 

 

 

近年増加しているニートや無職の女性は、年齢を重ねるとなかなか社会復帰が難しくなっていきます。

その前に、自分の人生を一度見つめ直し、再出発を切ってみてはいかがでしょうか?

思っている以上に、仕事は楽しいものですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です