30代の結婚!ちょっと高望みしてないですか?

高望みをしてしまうと結婚できない女になってしまいます。
高望みをせずに結婚できる女になるには?

30代になっても結婚できない人の特徴として、高望みが挙げられます。
ここまで独身できたからには、もう一切の妥協を許さない!少しでも良い男性と結婚したい!
そう思ってしまうのです。
その結果、ついつい高望みをしてしまうようになるのです。

 

・ついつい高望みしてしまってる

 
婚活においての条件というのは、非常に重要な項目であるといえます。
それくらいに大切なものなのです。

しかし、自分のことをさておいて、相手に対して色々な条件をつけすぎてしまうというのは良くありません。
結果的に、高望みであり身の程知らずな女性であると思われてしまって、婚活自体がうまくいかないということもあるのです。

特に、アラサー女性というのは若い世代の女性と比べると条件を緩めておかなければなりません。
男性陣には結果的に厳しい視線を浴びせられてしまいます。

この30代女性がついこだわりすぎてしまうのが年収です。
年収が最低でも500万円以上はないとダメ!

実は、日本人男性の中で年収が500万円以上の人というのは実は全体の8分の1なのです。
婚活において男性の年収を高く設定するのは、30代女性の特徴です。

それは、30代になると周囲の人であったり、自身の収入が高くなり、将来設計があまりにも固まりすぎていることが原因となっているのです。
確かにお金というのは重要なものではありますが、30代女性でありながらこのような拘りというのは良くありません。

高収入の男性というのは30代女性と比べると相手を選べる立場にあります。
そのため、他の人は持っていない強みでもなければ相手を射止めることはまずできません。

30代女性が結婚相手を見つけたいと思っているのであれば、収入だけでなく正社員なのか、転職しているかどうかを重要視するだけにしておきましょう。

もちろん、高学歴であることに拘るのもよくありません。
収入と同じくらいに高望みであるといわれているのは高学歴を第一条件にすることです。

30代を過ぎても必死で仕事に取り組んでいる女性というのは、周囲に高学歴の人が多くいる環境で仕事をしているものです。
そのため高卒などの男性というのは眼中にないと考えてしまいがちなのです。

しかし、このような条件を望むというのはやはり見栄が先にあるからです。
学歴と収入というのはある程度は比例するのですが、人間性までが比例するのではありません。
また、新卒であればまだしも社会人になってから学歴というのはほとんど意味をなしません。

学歴が低いからといって会話の質が低いとか、その人の人間性が悪いというわけではありません。
むしろ30代になっても学歴で相手を見ている女性のほうがよっぽど人間性を疑われるのです。

いつまでも小さなことにこだわっているのではなく、人間性などをしっかりと確認しましょう。
相手の収入や学歴などにばかりこだわっているのではいつまでも独り身のままで40代を迎えてしまい本当に取り返しがつかなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です