枝毛や切れ毛のある女性はヘアケアを今すぐ開始して!

30代女性のきれいな髪の毛というのはやっぱり魅力的です。
ダメージのないきれいな髪の毛はどうすれば手に入るのでしょうか。

枝毛と切れ毛というのは髪の毛のダメージとして代表的なものです。
では、この枝毛に切れ毛というのはどのようなメカニズムで発生しているのでしょうか。

枝毛や切れ毛というのはその状態によってそれぞれ呼び名というのは違うのですが、発生のメカニズムは同じです。
髪の表面を覆っているキューティクルがダメージから剥がれ落ちてしまうと、その部分から水分、タンパク質といったものが失われてしまいます。
その結果、摩擦や乾燥によって簡単に傷ついてしまうのです。

この髪の毛の繊維が裂けたり枝分かれをした状態のことを枝毛というのですが、横に割けて髪の毛がちぎれてしまっている状態を切れ毛といいます。
このキューティクルと呼ばれているタンパク質の層が髪の毛をコーティングしているのですが、パーマ、カラーリングといったものによってキューティクルが剥がれ落ちやすくなってしまいます。

キューティクルの損傷が切れ毛、枝毛の原因であるといいましたが、そもそもキューティクルが損傷してしまうのはどうしてなのでしょうか。
それは、外部からの刺激、そして生活習慣が乱れているからです。

まずキューティクルが壊れる原因となっているのが、摩擦、静電気、乾燥といった外部からのダメージになります。
髪の毛は紫外線を浴びるとキューティクルが剥がれやすくなります。

また、生活習慣が乱れてしまうと、髪の毛の栄養不足、女性ホルモンの分泌量低下に繋がります。
髪の毛の生成に関係する女性ホルモンですが、その女性ホルモンの分泌量が低下すると、キューティクルが剥がれてしまうのです。

さらに、睡眠不足や食生活が乱れてしまうと、髪の毛に必要になる栄養分が行き渡らないので結果的にダメージに対して極端に弱い髪の毛を作ってしまうようになるのです。
ストレスによる血行不良に関してもお肌や髪の毛の健康を維持するうえであってはならないものなんですよ。

体を内部から健康にしつつ、髪の毛を正しくメンテナンスするためにも、次のことに注意しましょう。

 
・健康的な髪の毛を手に入れるために

 
基本的なこととして規則正しい生活をおくりましょう。
睡眠、食事は髪の毛を育てるうえでの基本中の基本です。
そして女性ホルモンを安定させるのです。

そしてすでにダメージを受けている部分は思い切ってカットしましょう。
枝毛を見つけた時に、爪で挟んでちぎって放置している方も多いでしょう。

しかし、ちぎるだけでなく、それよりもさらに根元に近い部分でカットしましょう。
そしてドライヤーを使用する時には髪の毛に近づけすぎないように、尚且つ頭皮に温風がなるべくあたらないように注意してください。
頭皮が乾燥すると髪の毛に必要な栄養素を供給することができません。

このように、ヘアケアをするのであれば、できるだけ早く、そしてこまめに行うべきです。
ヘアケアは毎日の積み重ねですので、毎日の積み重ねを意識して、髪の毛に優しい生活を送るようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です