ヘアケアなくして素敵な30代になんてなれない!

ヘアケアで魅力的な女性になりたくありませんか?
素敵な髪の毛の30代になりましょう。
冬場などの乾燥しやすい時期になると、つい頭をボリボリ掻いてしまう、という方は多いのではないでしょうか。
この頭を掻いた時に出る白いものは、角栓です。
角栓というのは鼻にできることが多いのですが、頭皮には顔よりもたくさんの皮脂が分泌されているので、角栓ができやすくなってしまうのです。

頭皮の角栓というのは放置していると毛穴が塞がれてしまいます。
そのため、かゆみ、ニキビといった頭皮トラブルの原因になりますので、少しでも早くケアをしなければなりません。
そのような頭皮の角栓ができてしまう原因というのは何なのでしょうか。

 
・そもそも頭皮の角栓の正体は?

 
頭皮に限ったことでなく、角栓というのは毛穴から分泌されている皮脂、そして角質が混ざり合うことでできているものです。
角栓は毛穴に栓をしている状態です。
皮脂も角質も本来であれば外部からの刺激からお肌を守るという役割があるのです。
そのため、皮脂、角質を取り除くことが正しいスキンケアとはいえないのです。

大きくなりすぎてしまった角栓が毛穴を塞いでいる状態がいけないのです。

頭皮の角栓が頭皮に引き起こすトラブルというのはどのようなものなのでしょうか。
頭皮に角栓があると、古くなっている皮脂、角質が頭皮のにおいの原因になってしまいます。

さらにアクネ菌の繁殖を許してしまいますのでしっかりと洗浄しておかなければなりません。

頭皮から皮脂が多く分泌される原因というのは2つあります。
シャンプーによる過剰な頭皮の洗浄です。

シャンプーというのは頭皮における余計な皮脂、角質を洗い落とします。
しかし、シャンプーの洗浄力があまりにも強い場合には、頭皮を守ってくれるはずの皮脂まで洗い流してしまうのです。

皮脂を洗い流してしまうと、頭皮は乾燥し、乾燥すればもっと皮脂を分泌しようとします。
一般的に女性というのは男性と比較をすると皮脂の分泌量が少なめです。
そのため、洗浄力の弱いシャンプーを使用するようにしたり、お風呂上がりには頭皮をしっかりと保湿するということが重要です。

また、食生活も頭皮の皮脂の分泌に関係します。
皮脂の分泌量が増えてしまうのは危険ですので、注意しておきましょう。

また、頭皮のターンオーバーのリズムが崩れると頭皮に色々なトラブルが起こるようになります。
角栓のもととなっている角質というのは、ターンオーバーが正常に行われてさえいれば、新しく作られた角質に押し出されて皮脂と一緒に剥がれ落ちていきます。

排出された角質はシャンプーをする時などに頭皮から洗い落とされるので問題ありません。
ターンオーバーが遅れてしまうと、角質がスムーズに排出されなくなるので、古くなった角質が皮脂と混ざり合って角栓になってしまいます。

食生活、睡眠時間、ストレスといった生活習慣が大きく関係してきますので注意しなければなりません。
徹夜続きだったり、仕事が忙しくて生活習慣等が乱れていると頭皮トラブルを引き起こしてしまうことになります。

女性の美しさというのはお肌だけでなく髪の毛も大切です。
髪の毛が脂ぎっていたり、頭皮にニキビができているような時には、まずは生活習慣などを見直すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です