インナービューティーで髪の毛をきれいに

髪の毛をきれいにするには?
髪の毛をきれいにするインナービューティーについて。
髪の毛のボリュームが少しずつ減ってきた…
なんだか分け目が気になってきた…
そのような髪の毛の変化に悩んでいる人というのは、現代女性の30%にものぼるといわれているんです。
この髪の毛のケアをする方法として、ヘアケア商品を使用するなどの外部からのアプローチが一般的です。

しかし、外部からのアプローチだけでなく、身体の内側から髪の毛をきれいにしていきましょう。

 

・髪の毛が弱くなる理由

 
髪の毛というのは毎日少しずつ伸びるのですが、この髪の毛には成長期や退行期、そして休止期という成長の段階があります。
この成長の段階は年齡を重ねることで変化します。
年齡を重ねるごとに成長期が短く、休止期が長くなるので成長が遅くなるのです。
その結果、髪の毛を作り出す働きも衰えていって、1本1本が細くなって、結果的にツヤもなくなっていくのです。

髪の毛の本数自体が減少しないとしても、ボリューム、質が変化してしまうのです。
髪質の変化というのは年齡を重ねることで起こるのですが、加齢に伴う環境の変化など色々あります。

その中でも多いのは、栄養不足です。
髪の毛は食事から摂取をして栄養分から作られているのですが、栄養不足の状態が続いてしまうと髪の毛を成長させることができずにツヤやハリが失われてしまいます。
無理なダイエットをしてしまったり、食事による栄養のバランスが崩れることで髪の毛の成長を邪魔してしまうのです。

また、ホルモン量の減少も髪の毛の質の低下に繋がります。
髪の毛を健康的に美しく保つことができるのは女性ホルモンの働きが関係しています。

それでも、エストロゲンというのは年齡を重ねることで減少していき、髪の毛の成長が遅くなってしまい、ツヤやハリが失われてしまい、ボリュームもなくなります。
このホルモン量の減少というのは、髪の毛の成長に深く関係しています。

女性ホルモンは髪の毛を成長させ、男性ホルモンは髪の毛の成長を抑制します。
そのため、男性ホルモンの量が増えて、女性ホルモンの量が減少すると、当然髪の毛の成長が悪くなったり、質が低下してしまうことがあるのです。

そこで、ホルモン量の調整のためにイソフラボンを摂取してみてはどうでしょうか。
イソフラボンというのは、主に大豆や大豆食品に多く含まれています。

このような食品を積極的に食べるようにすると、女性ホルモンの量を増加させることができます。
もちろん、大豆に含まれる栄養素だけでなく、ビタミンやミネラルをたっぷりと補給しましょう。
栄養バランスがとても大切です。

また、睡眠不足も改善しなければなりません。
睡眠不足が髪の毛に良くない理由ですが、髪の毛というのは寝ている時に成長します。
つまり、睡眠不足になっていると、どうしても髪の毛が十分に成長できないのです。

徹夜で仕事をしていたり、睡眠時間はある程度とっていても、昼夜逆転状態になっているのであれば、スムーズにホルモンを分泌して髪の毛を育てることができないので、ただ寝れば良いのではなく、寝る時間についてもとても重要になるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です