面倒臭がりの女性ほど仕事ができる意外な3つの法則

何事も「面倒臭い」と思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

仕事が面倒だったり、恋愛が面倒だったり、プライベートが面倒だったり・・・。

女性にとって面倒なことはたくさんあります。

 

しかし、そういった女性に限って実は仕事ができる人が多かったりします。

本当にやる気のない女性もいますが、実は面倒臭がりと仕事ができるビジネスウーマンは紙一重でもあるのです。

 

実際に色々なビジネスウーマンに話を聞いてみたので、今回はその結果を紹介します。

 

■商社女性:仕事が面倒だから早めに終わらせる

 

商社に勤めている女性は次のように語っています。

「仕事が山積みになることが多く、残業も多い会社で働いています。だからこそ、仕事の優先順位を付けて自分が面倒を感じないように処理していけるようにしています」

 

この女性の傾向としては、仕事が多すぎることによって、それぞれ優先順位を付けてしっかりと処理していくタイプの仕事の仕方ですね。

本来は面倒臭がりだからこそ、仕事を効率よく終わらせる方法を考えて、それを実行に移しているということらしいです。

 

たしかにその方が仕事も早く回りますし、まさにビジネスウーマンとしての仕事ぶりも発揮できそうですよね。

実際、面倒臭がりの女性は、そういった点も考えて行動していることが多いようです。

 

■教育関係女性:いかに効率よく終わらせるかが鍵

 

教育関係の仕事をしている女性は、次のように仕事観を述べています。

「私の場合は事務処理仕事が多いです。しかし、事務処理に関しては面倒な点も多いので、最速の手順を考えて実践しています。それによって、仕事が溜まることがなく、残業もせずに帰宅することができています」

 

こちらの女性の場合は、とにかく効率の良さを求めた仕事をしているようですね。

事務処理というのは書類が溜まってくると訳が分からなくなってくることも多いです。

だからこそ、それぞれ適正に処理する方法を考え、最速で対応できるようにしているとのことです。

 

そうすることによって、より仕事が早く終わる訳ですね。

実際、面倒臭がりだからこそできる仕事だなと考えさせられます。

当然仕事が早く終われば、自分の時間も増えてプライベートが充実しますよね。

 

■営業女性:無駄話をせずにパパッと終わらせる

 

営業の仕事をしている女性は、次のような仕事観を語っています。

「営業の仕事は人と人との付き合いというけれど、私の場合はいかに効率よく回れるかが大切。だからこそ、無駄話をせずにテキパキと仕事を進めていきます。上司のプライベートな話は聞き流しています」

 

この女性の場合は、とにかく無駄話などをしないことが仕事の効率化に繋がっていますね。

仕事中、上司から話しかけられたり、取引先の方に色々な話を振られたりすることもあるでしょう。

そういった時、さらっと流せるテクニックがあれば便利なのかもしれません。

 

なかなかできることではないですが、面倒な世間話などを省略すれば仕事のスピードも格段にあがりますよね。

出来る女性は無駄話はしないということでしょう。

 

 

 

もちろん、ここで話した女性が全て正しいとは限りません。

実際に面倒臭がりの女性の中には、本当に仕事ができない女性もいるはずです。

ただ、少なくとも面倒臭がりだからといって仕事ができない訳ではないです。

むしろ面倒事や嫌なことを素早く処理する能力が付いて、仕事の効率も良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です