干物女増加中!女性が出不精になってしまう3つの理由

近年、増加傾向にあるのが通称“干物女”です。

外ではしっかりと仕事をしているのに、自宅に帰ってくるなりダラダラモードに突入してしまう女性も多いのではないでしょうか。

「仕事の後くらいダラダラしてもいいじゃない!」って言われそうですが、出不精になると出会いも少なくなってしまいます。

 

基本的に恋人や友達が多い女性は外に出ることも多いですが、近年は休日に自宅でのんびり過ごすという女性が圧倒的に多くなってきています。

単純に「お金を使いたくないからね」という方が多いのも分かりますが、あまりにも自宅に籠っていると干物女になってしまいますよ。

 

そこで、今回は女性が出不精になってしまう理由を紹介します!

 

■疲労が蓄積しているため

 

仕事が人生の大半になってしまった女性は、とにかく「働いては自宅で休憩して、働いては自宅で休憩して・・・」というのを繰り返します。

そうなると、身体に疲労が蓄積してしまって、結局何もしたくなくなってしまうわけです。

 

人間疲れが溜まってしまうと、なかなか活動的になることはできません。

その結果、休日ともなると「12時くらいまで寝ちゃった」という方もいるかもしれません。

寝ることが悪いとは言いませんが、それは干物女への第一歩ですよ。

 

一度疲労が溜まってしまうと、現代社会ではなかなか抜けません。

定期的に気分転換したり、マッサージなどに通ったりするなど、上手に疲労と向き合っていくことが必要となりますね!

 

■単純に人と会うのが面倒なため

 

話は少し変わりますが、近年プライベートではマスクをして生活している方がいます。

「街を歩いている時、知り合いに遭遇したくない」という方が増えているのです。

単純に人と会うのが面倒になってしまって、結果的に外出が少なくなってしまう原因ともいえるのがマスク女子ですね。

 

近年はそんな女性が増えたことによって、仕事以外ではなかなか外に出ないという方も多くなってきているのです。

買い物に関してはインターネットの通販でもできてしまうようになったので、より外出する必要性が無くなってきたとも言えますね。

 

このまま出不精な女性が増えると、男性との出会いもなくなってしまって、最終的には結婚できない女性へと変貌してしまうかもしれません。

干物女はそういった意味でも、少し危機感を持つことが必要かもしれませんね。

 

■精神的に負担を減らしたいため

 

近年増加しているのが、精神的に脆くなってしまっている女性です。

とにかく精神的に負担となることは避けたいという方も多くなり、自分の好きなことばかりする傾向が強くなってきています。

 

それでいて、スマホやゲーム、映画やパソコンなどの娯楽に事欠かなくなった現代ですからん、当然のように外出する必要が無くなってくるわけです。

当然、外に出てスポーツでもしたいと思う方であれば問題はありません。

 

しかし、女性の中には運動が苦手な方も多く、「外で遊ぶって言っても年齢が年齢だしさ」と諦めてしまう女性も多いのです。

そういった精神的な負担を感じないように、家でじっとしている方が多くなっている訳です。

 

 

 

無理に外出する必要はないですし、家でのんびりするのは悪いことではありません。

しかし、ずっと自宅にいることによって、干物女になってしまうと女性としての魅力も半減してしまうかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です