私らしくいるために。起業という選択  

 

今起業をする女性が増えています。起業にも規模があり、仲間と大きな会社を立ち上げるのか、個人事業主として一人で立ち上げるのかなど様々ですが、生きていくうえでの一つの選択肢となってきています。女性は結婚・出産でライフスタイルが大きく変わり、企業で働き続けることが難しいこともあります。自分らしく生きるための一つの選択肢として考えてみましょう。

3

*自由な時間を選択できる起業

4

結婚したら仕事だけに縛られず、家庭や子供との時間を大切にしたいと考える人は多いでしょう。企業で働いていると、どうしても時間が拘束されてしまいますし、仕事を家庭の事情で休むのもなかなか肩身の狭い思いをしてしまいますよね。その点、自分で起業して仕事を始めれば自分の好きな時間で仕事をすることができます。子供を保育園や託児所に預けなくても家でできる仕事もあります。

 

例えばネイリストやエステティシャンには独立して起業をしている人が多くいます。最初に資格を取るための投資は必要ですが、それほど難しい資格ではありません。また語学力を活かして家庭で教える人もいます。趣味を生かしてネット販売などを行う人もいます。一人で始める起業というのは、自分の好きなことを活かしやすく、また自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。専業主婦は嫌だけど、仕事はしていたいと考える人にはピッタリかもしれませんね。

 

*今ある知識や経験をいかして会社を起業する

5

今自分が持っている知識や経験をもとに少し大きな規模の会社を立ち上げ、社長となる人もいるでしょう。この場合は、一人で細々と起業するのに比べ、リスクも大きかったり、会社が軌道に乗るまでに時間を要すこともあります。仲間と始めたのであれば、お互いにお互いの生活への責任も背負います。

 

でも、今まで会社員では活かしきれなかった力やアイデアを使って仕事ができる醍醐味があります。キャリアを積んで生きていきたい女性にはもってこいですよね。ただ、会社の規模が大きくなればなるほど、最初はマイペースに動くことはできません。結婚や出産で自由に動けなくなる前に基盤を作ってしまうのがいいかもしれません。

 

*起業成功者の話を聞いてみる

1

なんとなく起業してみたいなぁという気持ちがあるとしても、やはりそれ相応のリスクがありますから、安易には飛び込めないかもしれません。前者の個人事業主としての働き方であれば、自分がしてみたいと思う人が経営しているお店やサロンに出向いて話を聞いてみるのもいいですね。個人で経営している分、そういった会話もしやすいですし、友達感覚で話を聞くこともできるでしょう。

 

会社を立ち上げようとしている場合は、周囲になかなかそういった境遇の人がいないかもしれません。この場合は、起業家の人が行っているセミナーに参加してみましょう。今の時代、ネットの普及もあり、起業している人・起業しようとしている人はたくさんいますので、こういったセミナーは多いです。安易に始められることではありませんから、まず話を聞いてみるといいでしょう。

2

ライフスタイルの多様化により、様々な働き方が選べるようになってきました。一度しかない人生ですから、自分らしく生きたいですよね。迷っている人は一度興味半分でも話を聞いてみるところから始めるといいでしょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です