日本酒は最良の基礎化粧品

俳優の佐々木蔵之介。もう中年の域に差し掛かっていますが、美肌で年齢を感じさせません。実家が蔵元だと言うのですが、それが関係しているようです。

 

佐々木蔵之介は、酒風呂に毎日入っていたそうです。また、聞いていませんが、酒粕とか、お酒製品は、たくさん摂っていたはず。だからなんですね。テレビコマーシャルでやってましたが、杜氏は、お顔は年齢相応なのに、手がすごくきれい、とか。それは、日本酒を原料にした、高めの基礎化粧品のコマーシャルでしたが。

 

とにかく美肌成分リッチな日本酒。単に飲むだけでも、お肌がキレイになるそうです。では、それは、なぜなんでしょうか?まず、お米を発酵させてあるので、アミノ酸が豊富です。そのあたりは、黒酢といっしょですね。アミノ酸は、お肌の原料。保湿力が高まり、吸い付くような肌になれるんです。気になる、たるみにもいいですよ。日本酒にする際にいったん米麹にしますが、この米麹、美白成分があるんですよ。含まれている麹酸が、メラニン生成を、抑制。シミ・そばかすをブロックします。

 

また、日本酒は、体温を、およそ2℃上げます。すると血行が、お肌含めてよくなり、新陳代謝が活発化します。そうすれば、ターンオーバーが進んで、美肌が期待されます。血流を良くするマシンは、美容外科で多くあるので、それが呑んで出来るのだからいいですね。また、日本酒は、ビールなどの、それ以外のお酒より、どういうわけか体温上昇が生じやすいんだとか。

 

ですから、日本酒を飲むと、お肌がキレイになれます。飲めない体質の人は、お肌に。化粧水代わりにしてもいいでしょう。在る体験談では、ビールを日本酒に変えたら、知らぬ間に、出来たシミが薄くなったとか。でも、カクテルとか、甘いお酒の方が好きだ。と言う女子も多いはずです。そんな場合は、日本酒を好みのジュースで割ってみてはどうでしょう?意外とバリエーション豊かで、はまります。

 

けれど、呑めない人もいますよね?また、私は、呑めるけど浮腫みやすいので、お酒は、控えないといけません。そういう場合は、どうしたらいいのでしょうか?そういう場合は、酒風呂ですね。カップ2杯分を入れて入浴します。まあ、化粧水の中に入っているようなもので、日本酒の有効成分が美肌をもたらします。

 

前述の佐々木蔵之介ではないですが。彼は、もっと入れていたかも?!日本酒を化粧水がわりにしてもいいですね。70超えの女性が、とてもその年には見えないお肌なんだそうです。日本酒の酒粕の甘酒とか、こうじを製造過程に使った、こうじ漬けなんかもオススメですね。

 

あるいは、酒造メーカーから出ている化粧品も。でも、良いお値段なんですね。その場合は、ドラッグストアなどで、1000円以下のプチプライスのを探しましょう。あるいは、100均でも、日本酒基礎化粧品があるんだとか。インターネットを検索すれば、オススメの安い、お酒を使った化粧品がたくさん出てきますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です