仕事が憂鬱で仕方ない人へ

あなたは今の仕事が好きですか?Yesと心から言える人もいれば、仕事は生活のためにしているから…とあまり気持ちが上がらない人もいるでしょう。1日のうちで活動している時間のほとんどは仕事に割いていると思います。そんな時間をずっと浮かない気持ちで過ごしているのももったいないですよね。

3

*起きるのも憂鬱な月曜日の朝

2

月曜から金曜の週5ペースで働いている人が比較的多いと思います。そんな人にとって月曜日の朝は憂鬱で仕方ないものですよね。人によっては日曜日の夕方くらいから気持ちが下がってくる人もいるようです。月曜日の朝起きて一日が始まると、そこから金曜日までずっと憂鬱な朝が続いていませんか?1か月のうち20日は仕事をしていますし、1日のうち8時間以上は仕事に時間を割いていると思います。すべては気の持ちようとは言います。気持ちを変えてみるだけでも憂鬱さが減るかもしれません。

 

*何のために仕事をしているのか

5

あなたは何のために仕事をしていますか?生活のためでしょうか。それとも欲しいものを買うためだったり、行きたいところにいくためでしょうか。欲しいものを買うことや行きたいところに行くことは仕事をしていくうえでのモチベーションにはなると思います。少し先だとしても、その目標に向かって仕事をしているのは淡々と仕事をしているのとはわけが違いますよね。

 

でも、もし生活のためになんとなく仕事をしているのだとしたら何のモチベーションも感じられないかもしれません。昇進を目指して、日々仕事に精進しているのならモチベーションはあるでしょうが、事務職などでは大きな昇給も望めませんよね。もし今仕事に対してモチベーションがないのなら、モチベーションになる何かを探してみませんか?

 

*趣味を始めることでモチベーションが上がる

4

仕事を欝々としている人はプライベートが充実していない人も多いようです。アフターファイブや週末に特にこれと言った予定もないと、生活も単調でハリも出ないですよね。スキルを上げるための習い事を仕事の後に入れてみたり、毎週末できるような趣味を始めてみたりすると、生活にハリが生まれます。

 

そして、そのために仕事を捗らせようという気持ちも生まれます。単純なことに思えるかもしれませんが、これって意外と効果があるんです。この時間までに仕事を終わらせるとか、週末に仕事を気持ち的にも物理的にも持ち込まないという気持ちはあなたが仕事をする上で大きなモチベーションとなるでしょう。単調な毎日は人を辟易させてしまいます。生活にハリを意図的に作れば、1週間のリズムも大きく変わってくるはずですよ。

1

仕事は生きていくうえでは切っては切れないものですよね。そしてあれだけ憂鬱だった仕事も専業主婦になったりすると、社会との関わりの場として恋しくなることもあるようです。結局は単調な毎日が気分を憂鬱にさせています。気持ちの切り替えが上手にできるようになるといいですよね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です