無理をしない生き方を選択すると人生が好転し始める

毎日必要以上に自分を追い込んで頑張りすぎていませんか?仕事も恋愛も友達との人間関係も、本当はそんなに頑張る必要はないのに、無意識のうちに自分を追い込んで息抜きすることさえ忘れてしまっている人ってとても多いです。無理をすることが美徳とされているところもありますが、実際無理をしたからと言ってうまくいくことは多いとは言えません。

4

*無理をすることと踏ん張ることの違い

 

無理をしない生き方と言っても、すべてにおいて手を抜くというわけではありません。でも、あなたの毎日ってそんなにいつもいつも気を張って頑張らなければいけないことだらけではありませんよね。

5

また、本来ならば自分がするべきことではないのに、あなたが背負ってしまってることも無理して頑張るべきではないことです。無理をするというのは、必要のないところでまで全力を尽くそうとすること。真面目な人こそこの傾向が高いでしょう。何に関しても完璧でなければ気が済まないという人は、どうしても無理をしないということを選択するのが苦手です。

 

その一方で踏ん張ることというのは、ここぞという時に力を出すということです。あなたにとって大切なこと、譲れないことのために持ちうる限りの力を使うことを踏ん張ることと言います。踏ん張ることが上手にできる人というのは、何かを成し遂げるのに時間を要しません。押さえるべきポイントを自分でわかっているのです。

 

*どうしても無理をしてしまうという人

3

上でも述べましたが、真面目な人ほど無理をしてしまいます。適当でいいはずのことにも力を注いでしまい、精神までも疲弊させてしまうのです。本当は息抜きもしたいと思っているのに、あれもこれも完ぺきにしなければ気が済まないという人は一度「これは本当に自分にとって必要なのか」もしくは、「これは本当に自分でなければできないのか」と自分に聞いてみましょう。

 

その時、自分にとって必要だと思ったり、自分にしかできないことだと“自分が”思うのであれば、それは力を注ぐべきことです。周囲の意見を気にする必要はありません。無理をしないでいいことの判断はこのようにして自分でつけるように癖をつけていきましょう。慣れてくると、意外と自分がしていることは本当は必要でなかったり、誰かにとって代わることができるものだと気付くことができると思います。

 

*すべてに全力投球は無理

1

私たちには限界があります。一日のうちに自分に起きることすべてに全力をいつも注いでおくことなんて不可能です。でも、それでも頑張ることを無理をすることと呼びます。

 

最初はそれでなんとかなっても、だんだんとほころびが出てくるものです。あなたが思っている以上に毎日頑張っているあなたに、息を抜くことを許してあげましょう。

2

なんでも頑張っていればいい結果が出るというものではありません。休むことがあるから成果が伸びることもあります。自分をいたわってあげることも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です