どんな場面でも大切なこと。自分の意見を言えるようになろう!

「あなたはどう思う?」と聞かれて、あなたはすぐに自分の意見が言えますか?自分の意見を言うのって、簡単に思えて意外と難しいですよね。なかなかいつも思っていることを声に出せない人は少しずつ訓練してみましょう。

3

*どうして意見が言えないのか?

1

あなたが自分の思いを心の中に閉じ込めやすいタイプなのだとしたら、なかなか自分の意見を人に伝えることができないのではないでしょうか。あなたがもし自分の意見を言うことを苦手としているのだったら、それはあなたがそうする“癖”がついているからだと言えるでしょう。

 

絶対に無理だったり嫌なことではない限り、波風を立てたくないと思い、誰かに合わせることを選択していませんか?そうすることがあなたの中であたりまえになってしまっている場合、少し違うと思ったくらいでは自分の意見を言うことは選択しないでしょう。

 

*自分の意見を言えることは強み

4

自分の意見を言うと、波風が立ったり、人がそれぞれに意見を言うことは状況を紛らわしくすると考えているとしたら、まさに天変地異かもしれませんが自分の意見を言えるということは強みの一つです。そして、人間としての魅力だったり深みを人に伝える一つの方法でもあります。考えてみてください。

 

いつも「私はなんでもいい」とか「合わせるよ」と言っている人って、何を考えているのかわからなくないでしょうか。その発言からその人に強く引き付けられることはまずありませんよね。でもその場では議論の原因となったとしても、周りとは正反対の考え方だったとしても自分の思うことを述べる人というのは「そんな考え方をしているんだろう」と興味を持つのではないでしょうか。

 

*議論があるから新しいものが生まれる

2

誰もが同じ意見を持ち、同じ考え方をしていたとしたら、そこから新しいものは生まれないでしょう。この世界が面白いのは誰もがそれぞれの感じ方をして、様々な意見を持っているからなのです。自分の意見を言うことを波風を立てると考えるのではなく、新しいアイデアを送り込むという考え方でとらえてみましょう。

 

*意見を言うための訓練をしよう

5

今まであまり意見を言うことが得意ではなかった人にとって「さあどうぞ」と意見を求められても、それはなかなか難しいことだと思います。そのために少しずつ訓練をしてみましょう。方法はいたって簡単で、周りで起きることに対して自分がどう思うか自分の心の中で考えてみる方法です。テレビなんかでも視聴者への質問がありますよね。

 

そういったものに声を出すわけじゃなくても、まず自分がどう思うかを考えてみるのです。そしてそれに慣れたらまずは身近な人たちにそれを話してみましょう。そうすることで徐々に苦手意識が取れていくはずです。

 

意見を言うことをいいと思われない風潮も確かに存在しますが、時代とともにそれも薄れてきています。自分の気持ちを自分の言葉で表現できる人でいたいですよね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です