「もう若くないから」が口癖になっていない!?年齢を忘れて生きよう

昔ほどではないとは言え、30代前後になると「もういい歳だ」という周りの目を感じるようになるでしょう。年上の人たちからすると、「まだまだ若いね」と言われる年齢なのに、自分では「もう若くない」と選択の幅を狭めていませんか?

5

*アラサーって生きにくい?

 

確かにアラサーって中途半端な年齢ではあります。自分が子供のころや20歳くらいのころに描いていたアラサーと今の自分には確実にギャップがあるでしょう。また当時「こうなると思っていた」と言う自分と今の自分は大きく違うかもしれませんね。

1

でも、実際アラサーと言われる年齢に差し掛かると、まだまだそんなに大人ではない自分にも気づくし、10歳・20歳上の人からは「まだまだ若いしなんでもできる」と言われることもあるでしょう。

 

その反面「もういい歳なんだから」と言われてしまったりと、いろいろなことを気にしているとアラサーはなんとなく生きにくい年齢なのかもしれませんね。

 

*年齢に縛られる必要は全くない

2

何を始めるにも、始められることならば遅いということはありません。それを年齢がどうだと言って始めないでいるのは、実際はそんなにやりたいと思っていなかったり、自分に対する言い訳だったりするのです。

 

例えば、年齢制限が30歳までとなっている挑戦したいことがあるとします。多くの人は「30歳までってことは若い子だらけなのかな…」とあきらめてしまうかもしれませんね。でも、30歳は制限内、これを逃すともうチャンスはありません。こういう状況のとき、年齢を考えて動けなくなってしまうと、もっと先で必ず「やっておけばよかった」と後悔するでしょう。

4

挑戦していればその結果に関わらず、必ず「あの時思い切ってよかった」と思うはずです。中には、年齢制限を超えても挑戦するという人もいるでしょう。でも、その気持ちって素晴らしいものだと思いませんか。

 

*年齢を考えなければいけないのは妊娠くらい

3

「いい歳なのにもうできない」とあきらめなければいけないことなんてほとんどありません。しいて言えば、妊娠でしょうか。自分で妊娠して子供を持ちたいと思うのであれば、これだけは年齢に対する計画を持つべきかもしれませんね。でも、それ以外ってそんなにないと思いませんか?

 

結婚だって何歳でもできますし、50代になって歌手としてデビューする人もいますし、60代で空手を始めたという人もいます。結局はそれを「なんだか恥ずかしい」と感じ自分で辞めてしまうか、気にせずに挑戦するかなのです。50代や60代で挑戦をしている人からすれば、30代なんてまだ確かに子供同然。周りの目や自分で年齢を固定観念で気にして、本当にしたいことをしないのはなんだか寂しいですよね。

 

思い立ったら吉日という言葉があります。あなたが今やりたいと思ったのは、あなたが今できることだからです。アラサーはもう若くないという固定観念はとっぱらって、自分の思うように挑戦してみましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です