男子の美容整形に対する許容度

ここで、男子の本音を調べてみました。某特定アジアでは、美容整形は、歯列矯正でもするかのように、浸透していますが、日本男子は、まだまだ保守的です。

 

まず、どうしようもない理由があるならば、いいとか。治療的な手術、例えば口唇口蓋裂などの先天性異常は当然、口元がボコッとなっている場合でも、骨格性不正咬合の診断で、保険範囲内で治せたりするのですよ。あるいは、ビューティーコロシアムレベルの、ひどい外見ならば、しょうがないかな?というのは、あります。

 

まだまだ、日本には、身体髪膚これを父母に受く敢えて毀傷せざるは孝の始めなり云々、儒教の概念が脈々と生きているわけです。しかし、貰った身体が欠陥だらけだったら、治すしかないでしょう。

 

次が、プチ整形なら許せると言うモノ。アイプチ感覚で目を二重にする・唇切開して歯茎が出るスマイルを治す・口元に注射して出てるのを目立たなくする・脂肪を吸引するなどですね。なんとなくキレイになった。メイクでも変えたのか?やせたのか?と言う程度ですね。

 

でも、本格的に目鼻立ちまで変えてしまい、別人?と言うくらいにやるのは、いけない。まあ、さる華道の家元の女性などはそうですが。まあ、表へ出るお仕事なので、しょうがないんじゃないの?!プチ整形デビューしたら、本物の美容整形が気になってしまうと思うのですが。また、たとえ注射程度の治療でも、慣れてきたら、心理的なハードルは無くなるモノです。

 

変わった所では、美容整形リピーターは、いけないとかいうモノ。女は一度やるとキリがないからだそうで。確かに、美容外科に来ている女子ってキレイ目女子ばっかりです。お直ししたら、次のところが気なる。当然の真理でしょう。男子が気にしているのは、精神病の醜形恐怖みたいになって、ドクターショッピングを繰り返す、病んだ心理が怖いみたいです。

 

映画ヘルスケーターでは、その辺の心理が、生々しく描写されています。こういう病んだ患者は、美容外科医・形成外科医泣かせで、あるブログで、その医師は、精神科送りにしたとか。

 

しかし、何時代から来た男子か知りませんが、美容整形は、すべて許せないという男子も居ます。天然物の美人しか認めないんだそうです。まあ、天然物のマグロの味の違いが判るみたいなものですかね?しかし、あなたが喰い付く美貌って、表面的なモノでしょう?表面的なツラの皮をいじる女子と、どっこいどっこいだと思うのですが?かつて、テイストがシリアス志向だったCREAで、ナンシー関との対談で有名な大月隆寛は言います。「外見至上主義の世の中に媚びてしまう態度が許せないんじゃないの?」と。そうですよね。

 

しかし、私は、外見を望みどおりにしたところで、望みどおりの男子とは出会えない。と、知っています。また、あるさげまん女子がそうなのですが、本当の意味の男性性を味わう能力が無ければ、本当に、良い男子が居てもわからない。と、思います。この話題は、別のコラムで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です