セックス好きは依存症だった?!肉食系女子の実情

草食系男子と言われて、だいぶ経ちます。セックスしなくてもいい男子も多いですが、肉食系女子のセックス依存症も、辛いのだそうです。

 

いわゆる、やりまん、公衆便所の女子が、格好良く肉食系女子と言われているだけです。プライベートのすべての時間がセックスと、その準備に注ぎ込んでいるんです。準備って?ダイエットやスキンケアなどの美容から、ファッション。「実戦」において、感度を上げるための、ヨガまで、です。

 

しかし、こうしたセックス好きは、男性への愛ではありません。海外では、セックス依存症という、りっぱな病気なんだそうです。その辺は、過食症、アルコール依存症、買い物依存症と同じなんですって。セックスがないと、禁煙中の愛煙家みたいに、そわそわして落ち着かなくなる。もう、病気なんですね。

 

だめんずうぉーかーの漫画家倉田真由美の情報によると、過去に満たされなかった傷をセックスで埋める女性ばかりでもないとか。もちろん、ライター含む多くの人は過去のトラウマがあるからだ!と断言していますがね。

 

ある、さげまん女子は、過去のトラウマのせいみたいです。みずからの負のエネルギーで父親を幼稚園入園前に、とり○しました。そして、母親も心が貧しく、彼女をコンプレックスガチガチに育てました。まあ、そのさげまん女子は、心が極めて空虚なわけです。両親どちらの愛情も飢えていますから。

 

そこで、埋め合わせにセックスに走る。やってるときは、抱かえてもらえるんで、肯定感が得られるわけですよ。彼女は、人気ドラマ、セックスアンドシティみたいにイケてる私。と思い込んでるみたいですが。

 

倉田真由美などは、みずからの身体に自信があるから、挑戦的にセックスをしたがると言うんです。これは、女性だけでなく、男性もそうです。なんだか、肝試しに行く小学生みたいですが。でも、そういうチャレンジャー精神は、スポーツとかに行くんじゃないの?と思います。また、やりまくるのは、やっぱり好きなんじゃあ?とも。セックスは、性病や妊娠のリスクがあるんで、あんまり何人切りとかは、止めた方がいいと思います。それに、霊的エネルギー交換が大きいので、リスキーなんです。ここからは、オカルトなんで、嫌いな人は読み飛ばしてください。

 

霊的エネルギーは、さまざまなシーンで交換されます。普通に会ったり、モノをやりとりしたり、美容院やエステに行ったりしても。その中でも、セックスはよりダイレクトにエネルギー交換になるんです。そこで、あげちん、すなわちエネルギーレベルの高い男子とセックス出来れば、運気は上がります。逆ならば、下がります。知っている女子は、さげちんに、いわゆる、やり逃げされました。

 

そして、その傷を埋める為に妥協結婚。ATMゲットはいいのですが、旦那を愛してないので、食事作りから育児まですべて苦痛。最近、聞くところによると、旦那は失業したそうです。

 

そう見ていくと、肉食系女子は、全く幸せではないのが、わかりますね。あ、私は、悪い例を見すぎたか?林真理子女史みたいに、エッチにも知的にも肉食系。というのが、クールですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です