結婚だけがすべてじゃない!結婚に捕らわれない生き方

昭和の時代は結婚することが当たり前のことであると考えられてきました。もっと昔は日本も自由恋愛が許されず、親の言う相手と結婚…というのも当たり前だったのです。さて、現在でも多くの人は結婚という形式をとって家庭を築いていますが、女性が社会に進出することが当たり前となり、結婚という形にとらわれない人が増えています。

1

*結婚は何のためにするのか?

 

そもそも結婚とは何のためにするのでしょうか?多くの人は愛した人と一生家族を築いていきたいと思い、結婚すると思います。でも、中にはパートナーに出会う前から「将来は結婚したい」と漠然と考える人もいます。

 

また、自分のキャリアでは多くの収入は見込めないため結婚して楽したいと考える人も多いようです。でも、平均年収が下がっている今、ほとんどの人が専業主婦として生きていけるわけではありません。

 

結婚をゴールと捉えると、その後上手くいかなるケースも多いでしょう。また、離婚率の爆発的な上昇からもわかるように、昔のように大きな覚悟を持って結婚する人は少なくなってきているのかもしれません。

 

*事実上の夫婦という考え方

4

今は同棲する人もとても増えています。お互い忙しい毎日の中、なかなか顔を合わせることが難しいという人にとっては同棲は良いシステムですよね。でも、同棲って結婚生活とほぼ変わりがないと思いませんか?確かに結婚は入籍をし、家族同士の付き合いに、式や披露宴などと言ったことがありますが、それ抜きにすれば、結婚後の生活というのは同棲とほぼ変わりません。

 

結婚と言う制度にメリットは感じないけれど、大切な人がいるという人の中には事実婚を選択している人もいます。特に女性でキャリアを築き、収入面に何の不安もない人であれば、わざわざ結婚という形式をとらなくても、大切な人といられれば大丈夫という考え方です。結婚という形に縛られていない分、パートナーに依存することもなくなりますし、お互いを自立した人間として認め、いい距離感で関係を続けていける一つの形かもしれませんね。

 

*未婚の母になるという決断

3

離婚してシングルマザーになる人も多いですが、最初から結婚という道を選ばず、未婚の母になる人も増えています。予期せぬ妊娠で、相手の男性との結婚は望まないけれど、子供は出産したいという人、またはパートナーをそもそも必要としていないので、人工授精という形をとって妊娠し、出産するという人もいます。

 

これらのパターンの場合、家族の協力が得られるような状況にあるか、シッターを雇ったりする金銭的余裕のある人、もしくは自分で起業し、時間等に融通が利くなどのどれかに当てはまらないと難しいかもしれませんね。結婚は興味はないけれど、自分の分身を残しておきたいという人も増えています。

2

また未婚の母でもシングルマザーとして行政からのサポートを受けることもできます。ただこの場合は、子供が成長したときに、父親がいないということを子供に対してどう折り合いをつけていくかもきちんと考える必要がありますね。

 

女性は結婚して家庭に入るものという考え方はもう化石となってしまったような考え方でしょう。それぞれの人生、形式は多様化して当然なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です