新しい出会いがイマイチ…でもそれってあの人と比べてない?

一人の期間もだいぶ長くなってきて、新しい恋をしたいなぁと思うんだけど、なかなかいい人に出会わないと言う人必見です。実際はきっと何人もの人と新たな出会いをしているでしょう。でも、あなたの感覚になんだか合わないだけではないですか?それってあの人との恋があなたの邪魔をしているだけかも…。

 2   

*元カレと新しく出会った人を比べていない?

1

元カレになんて未練はないし、そんなこと全然ない!と思うかもしれませんが、でもあなたの中にはおそらく元カレとの思い出が鮮明に残っていませんか?あなたに対する扱いだったり、元カレの癖だったり、「元カレはこんなことしなかったのになぁ」とか…。

 

新しい男性が現れた時、自分に相応しいか考えるとどうしても比較対象は今までの恋愛になってしまうことが多いです。未練があって別れた人は特に、新しく出会った男性と元カレを比べてしまう傾向にありがちなんです。

 

*元カレと出会ったときだってそうだったはず

5

一目ぼれで「この人しかいない!」と思った恋愛だったなら、話は少し変わってきますが、元カレと出会ったときだって「すごく好き」から始まったわけではありませんよね。一般的に男性の恋愛が100からスタートする減点方式と言われているのに対し、女性の恋愛は加点方式と言われています。お付き合いが深まるにつれて、「あれ?」と思っていた彼の癖や習慣が許せるようになったり、好きな気持ちが加速していくというものです。思い返せばあなたにも心当たりはありませんか?

 

*100点だった時の元カレとの恋愛と、新しい人の今を比べても仕方がない

4

過去の恋愛によっぽどひどいトラウマがないのなら、おそらく思い出すのは“元カレと一番よかった時期”のことだと思います。よく思い出は美化されるとも言いますし、それも当然のことかもしれません。美化してしまうと彼との間に起きた嫌なことって忘れちゃいますよね。

 

そんな100点満点だった時期の元カレの恋愛と、今新しく出会ってまだスタートを切ったばかりの状態を比べれば、今目の前にいる人がかすんで見えるのもある意味当然のことかもしれません。元カレと出会ったときのことを思い出してみてください。完ぺきなスタートではなかったはずです。そこから時間を経て、100点の時期に至ったのではないでしょうか?

 

*最初から完ぺきな関係なんてない

3

もちろん価値観も性格も合い、お互いすぐに意気投合するケースもあります。でも大抵の恋愛がそうではありません。最初から完ぺきなことなんてないのです。「ちょっといいかも」と思ったら、そこであれこれ考えるのではなく、何度か会ってみると相手に対して新しい発見があります。「ちょっといいけど、なんか違うなぁ」とめんどくさがっていると、新し発見をする前にその出会いを無駄にしてしまいます。

 

過去の恋愛はどうしても美しく見えてしまうもの。それはそれで素敵な思い出だったのでいいのですが、それが新しいあなたの恋愛の足かせにならないように気を付けてくださいね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です