30代女性が結婚に一歩近づく金銭感覚って?

金銭感覚は結婚において重要なことです。
結婚相手として選ばれやすい女性の金銭感覚についてご紹介します。

 
金銭感覚というのは人間が生きていくうえで重要な要素の1つです。
お金をどれだけ使用して、どれだけ節約できるのか、というのは家庭をつくるうえでも欠かせないのです。
この金銭的な感覚がズレていると、一緒に生活をすることはまず不可能です。

例えば、男性は酷い浪費家であるにも関わらず、女性は極端な節約家であれば金銭感覚はズレています。
もちろんその逆で男性が節約家で女性が浪費家であっても同じことです。
このようなお互いの感覚がズレていると、家庭を作っていくうえで間違いなくスレ違いが生じてしまいます。

そのため、この金銭的な感覚というのは、結婚前や恋愛をスタートする前からある程度は相手に見せておくことが重要です。
最初はずっと倹約家をアピールしていたにも関わらず、実は過度の浪費家だとすれば恋愛から結婚へとステップアップすることはまず不可能でしょう。

金銭的な感覚と同じで将来設計というのは結婚相手とのズレが目立つポイントの1つです。
例えば子供が欲しいと思っている男性に対して、女性は一切子供は必要なく、自分の趣味などに人生を捧げたい、という場合です。

子供というのは授かるものですので、なかなかできないこともあれば簡単にできることもあります。
そのような子供を作るのかどうか、ということに対して考えが一致していなければ、当然一緒に生活をして、家族を作り上げていくことは難しくなります。

結果的に、夫婦としての生活をおくることができなくなり辛い思いをしなければならなくなります。

このような価値観の中でも、実は男性が最も結婚生活をおくることができない、と感じるのは美意識だといわれています。
掃除というのは、やはり男性にとって重要なことです。

男性というのは女性よりもきれい好きが多いとも言われています。
にも関わらず、部屋が汚かったり、掃除をすること自体にあまり意味を感じない女性というのは、需要がありません。

この掃除が苦手なのかどうかというのは職場などでも簡単にバレてしまいます。
職場においてデスクや引き出しなどきれいに整理整頓できていない女性というのは、ほぼ間違いなく自宅も汚い状態になっています。

バッグの中も注意です。
バッグの中からなにかを探そうとした時に、ティッシュやレシート、バラバラに入れられているメイク道具などが見えれば、男性は幻滅してしまいます。

ましてやそのバッグや引き出しから汚れたハンカチや、一度履いたストッキングなどが出てきてしまえば、その時点で掃除も洗濯もできないだらしない女性であると判断されてしまいます。
そのため、少しでも結婚に近づけるように、結婚したい女性だと思われたい!
そう思うのであれば、普段からバッグの中や引出しはきれいにしておきましょう。

と同時に浪費をしないように心がけたり、貯金もしっかりと行うなど、30代女性として必要な金銭感覚を身につけておくように心がけてください。
そうすれば、結婚がまた1つ近づいてきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です