幸せを演じれば幸せは後から付いて来る

非リア充で、幸福感なぞ感じた経験が無いという女子も居ます。そう思うのをやめて、バーチャルでも幸せと思ってみませんか?

 

みずからを不幸と言う女子の特徴は、まず地味な服しか着られないと言う点。好きな色や柄物を着られないんです。

 

それは、なぜか?みずからの不幸の部分オンリーに注目しているから。そして、ハタ迷惑な話、もっと不幸な人を見て喜ぶからです。不幸だと思ってるから、自由に服が着られないし、好きな格好をしている女子を、○スなのに、あんな恰好をして!と、けなすけなす。

 

もう、そばに居たくないですよね。実際、これは既婚女子なんですが、同世代のママ友からは相手にされず、親世代の奥様方に可愛がってもらってるらしいです。不幸のみに目が行くので、我が子に対してもそう。見事に育児ノイローゼになっています。

 

みずからを不幸だと思い込んでいる女子は、悲劇のヒロインであるのが、快感らしいです。ですので、こんな可哀想な私を救ってくれる男ならいいそうで。

 

先の既婚女子は、お金目当てで、好みでない亭主持ち。本当は、金髪碧眼の男性が好きなんですけれども。

 

このように、不幸と思い込むと、男性にも積極的になれませんよ。これと逆のいい例が、「ダーリンは外国人」の著者の女性。

 

まあ、個性的すぎる!風貌ですが、インテリの白人男性をゲット。結婚生活を楽しんでいます。

 

著書を読んでいると、みずからが幸せ、と感じられる能力が、非常に高い。と言うのが、良く分かります。また、森三中の結婚できた方の二人は、生活を楽しむのが上手みたいです。

 

結婚できてない方の黒沢は、もう同じく独身の光浦と、老後は同じケアマンションに入ろうね。と、話し合っているそうで。森三中の中では、お顔は一番可愛らしくて、ぽっちゃり過ぎるだけなのに。

 

それは、森三中の結婚できた方の二人が、黒沢の汚部屋を片付けてあげたのを見ると、分かりますよね。汚部屋住人は、お部屋をある程度キレイにして、衣食住すなわち生活を楽しむのが下手なんですよね。

 

森三中の芸は面白いですが、女性の生き方の対照例を示してくれて、みずからを不幸だと思い込んでいる女子にとっては、大いに勉強になります。

 

では、どうしたら、みずからを不幸だと思い込んでいる状態から、脱出できるのでしょうか?まず、生活を楽しむという所からです。

 

どんなモノを食べたいか、着たいか。お部屋をどんなふうにするか。そう考えていると、不幸だと思っているヒマは無くなります。

 

さらに、気になる映画を見に行こうとか、今度出来た新しいスポットはどうなのかとか、考えていると、なお良いですね。人生を楽しむ大先輩である60代以上の「お姉さま」方は、みんなそうですよ。

 

そうやって、生きるエネルギーレベルを上げて行けば、同じく波動の高い男子と出会えますよ。

 

波動の法則と、江原啓之も言っています。間違っても、ギャンブル依存症やストーカー気質のレベルの低い男には、引っかかりません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です