どうせやるなら安全な脱毛を 光脱毛:IPL脱毛

IPL脱毛は、インテンスパルスライトの光を使って、お肌に無理なく熱を加えて、ムダ毛の毛根を徐々に弱めて、ムダ毛が生えてこないようにするのです。従来の、ムダ毛の毛根を破壊する、やけど等のリスクも無い、安全な脱毛です。

 

家庭用脱毛器に多く使用されている位です。IPL脱毛はにおいて、照射される光は、ムダ毛と毛根両方、しかも成長期のみ。休止期に入ったムダ毛と毛根には、効きません。毛周期に合わせて、毛周期に合わせるていけば、かなり効果的な脱毛が可能になります。個人差がありますけれども、およそ2ヶ月ごとの脱毛施術を行って、しだいにムダ毛を生やさないようにするのです。

 

IPL:インテンスパルスライトの特殊な光は、毛根には熱として働き、ムダ毛が生えるという現象を、徐々に弱めて、脱毛に至るというモノです。従来主流だったエステサロンの脱毛ニードル脱毛・レーザー脱毛マシンは、ムダ毛の毛根を、焼き切る≒破壊していくので、いきおい、やけどや肌荒れになり得ました。

 

ですが、インテンスパルスライトになると、そうしたやけどなどが生じるの確率が極めて低い、安全な脱毛です。また、痛みが無いのも嬉しいですね。お肌に負担が無いので当然です。そ

 

こへもって、エステサロンによっては、マシンのヘッドが従来比3倍か大きくて、照射範囲が広くなります。ですので施術時間も早い。 忙しい女性に、うってつけですね。

 

ハイパースキン脱毛も、IPL脱毛とならんで、よく用いられます。しかし、これは退行期に働きかける。成長期のムダ毛には反応しない。というのが、IPL脱毛と違います。成長期に働きかけるのが、IPL脱毛なんですね。

 

休止期の毛細胞に反応し、毛の成長を抑制する脱毛法になります。今見えている生えている成長期のムダ毛‐≒成長期のムダ毛には反応しないゆえに、スグ目に見える効果が?なんですが、IPL脱毛より低い38度の光で、よりお肌に優しいのです。

 

それは、もとは子供用に開発された脱毛法だから。黒いメラニン色素に特異的に反応する光ではないゆえに、シミとか色素沈着とかした黒っぽいお肌でも、地黒でも、トラブルなくやってもらえます。

 

また、ムダ毛が密集している割に皮膚が薄くて、脱毛時に痛みが出やすい、デリケートゾーン&脇の脱毛であっても、痛みから、フリーな脱毛ができます。もちろん、火傷のリスクも、あり得ません。

 

だから、アトピーや敏感肌の人で、どこのエステサロンやメディカルエステからも、脱毛施術を断られて来た人には朗報なんですが、普通肌ならば、抜ける快感が得られる目に見えてよくわかるIPL脱毛がいいかも?!

 

ただ、こうしたフラッシュ脱毛は色々あるけれども、エステサロンにおける脱毛器が、自社開発の所になると、光脱毛とかフラッシュ脱毛と言うのではなくて、独自のカタカナ名を付けています。

 

これは、IPL脱毛・ハイパースキン脱毛とかいう語句で検索しても出てこないので、ソーシャルネットワーキングなどで、詳しい人に聞いてみるしかないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です