言い訳しちゃう女子必見!男性をイライラさせてしまう言い訳3選

何かにつけて言い訳してしまう女性っていますよね!同性から見てもかなり痛い・・・。

そんな女性になってしまっている人は、知らず知らずのうちに男性をイライラさせてしまっていることもあります。

 

中には、言い訳が聞きたくなくて、避けられているという女性もいるかもしれませんよ。

言い訳というのは単純に苛立つ行為ですので、当然避けておきたいところです。

しかし、中には自分を守るためにたくさんの言い訳の壁で、自分を守ることに必死な方も多いのではないでしょうか?

 

今回は男性を苛立たせてしまう言い訳を厳選しておきました!

 

■遅刻した時:「用意するのに遅れちゃって」

 

遅刻してしまうこと自体、相手をイライラさせてしまうのに、さらに「用意するのに時間がかかっちゃって」なんて言ったら、もう怒られますね!

男性によっては「待っている時間も幸せだよ」「全然待ってないから気にしないよ」と言ってくれる方もいるかもしれません。

 

しかし、内心では苛立っているということもあるので、注意しておきたいですね。

そもそも用意するのに時間がかかることを見込めるのなら、もっと早めに行動しておくべきってことです!

 

男性は口にしませんが、そういった女性のルーズなところが嫌いな人も多いようです。

遅刻は遅刻なので、送れてしまった時は素直に「ごめんね」と言う女性の方が好印象かもしれませんね!

 

■浮気・不倫した時:「だって寂しかったんだもん」

 

浮気や不倫という行為は、そもそも許されるべき行為ではありません。

こんな時は言い訳しても意味がありません・・・逆に相手の感情を逆撫でしてしまうだけになるかもしれません。

 

しかもその言い訳が「寂しかった」という理由だと、もう男性は相手にしてくれないでしょう。

そもそも寂しい時には、しっかりと話し合うことが重要なのですが、女性の場合はヒステリーを起こしてしまって、なかなか会話にならないこともあります。

 

寂しい場合は浮気や不倫で感情表現しないで、素直に彼氏に「寂しい」と伝えましょう。

それでもダメだった場合は、素直に別れを切り出すのが最善策だと言えますね。

 

■予定をドタキャンした時:「私にだって予定が急にできることもあるよ」

 

予定のドタキャンに関しては、信頼を一気に失うことが多いです。

予定が入りそうなときは、そもそも彼氏や男性とは約束しないことが重要です。

せっかく約束していたのに、突然キャンセルされるというのは男性側にとっても悲しい事です。

 

しかも、その言い訳が「予定が急に入ることだってあるよ」だったら、もう最悪ですね。

男性側の主張としては「そんなのこっちも同じだ」ということです。

それでも予定を空けてデートをしているのですから、自分本位なことは言ってはいけませんね。

 

言い訳というのは、時に信頼関係をぶち壊してしまうものとなります。

特にドタキャンになってしまった時は、誠意を持って謝ることが大切なのではないでしょうか?

 

 

言い訳をして良い結果になったことがありますか?

今回は女性側からの意見を参考にしましたが、もちろん男性側からの言い訳も許せない女性が多いはずです!

言い訳してしまう女性は、自分の言動を少し俯瞰してチェックしてみるのが良いかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です