異性に送ってはいけない!メールやLINEの話

メールやLINEが手軽に送れるようになった今では、すっかり日常生活に馴染んでいますよね。

しかし、そんな中トラブルが発生してしまっているという方も多いです。

そうです、メールやLINEの内容で失敗してしまっている女性も多いです。

 

特に異性にメールを送る時、失敗してしまっている方も多いですよね。

ここでは、そんなメールやLINEで失敗しないために、気を付けておきたいことについて話しておこうかなと思います。

 

少し気を付けるだけで、印象はがらりと変わるはずです!

 

■疑問文が一つもない文章

 

これは内容によっては例外もあるのですが、相手と連絡を取りたいということであれば、疑問文を必ず入れるようにしたいところです。

例えば「今日は飲み会楽しかったね」とだけ送るより、「今日は楽しかったね。そういえば○○はたくさん飲んでいたけど、ちゃんと帰れた?」という内容が良いです。

 

こうすることによって、相手からメールやLINEが返ってくる確率も格段にアップします。

上手に疑問文を使いこなせるようになれば、失敗することはありませんね。

ましてや無視されることなどは、ほとんどなくなるはずです。

 

■悪口や愚痴ばかりの文章

 

基本的に男性は、女性が言う悪口や愚痴を好みません・・・その逆もまた然り。

つまり、女性が男性にするメールは、愚痴や悪口を控えめにする必要がありますね。

例えば自分に送られてきたメールに、びっしり他人の悪口が書いていたらどうでしょうか。

 

引くだけならまだしも、「もうこの子とは連絡したくない」と思ってしまうでしょうね。

特にネガティブな言葉やマイナスオーラに満ちた言葉を使っている方は、相手に軽蔑されることが多くなります。

 

自分が発している悪口は、結局自分に帰ってきてしまうかもしれません。

結局のところメールやLINEというのは情報交換の場や連絡の場としては有効ですが、悪口や愚痴を書き込むところではないということです。

 

■絵文字や顔文字が全くない文章

 

これは結構ありますし、人によるかもしれないのですが、なんとなく全体的に寂しい印象となってしまいますよね。

全く絵文字も顔文字もない文章の場合は、相手も「この子機嫌悪いのかな」と思ってしまう可能性が高くなります。

 

当然、機嫌が悪くなくても、そういった印象を受け取られてしまうのは事実。

これに関しては完全な好みの点もあるので、無理に使う必要はないです。

ただ、メール全体が暗くなってしまわないようにすることは重要です。

 

相手が読んでいて気持ち良くなれるような文章を心がけましょう。

そうすれば、必然と帰ってくる内容も明るくなりますし、何より異性に好かれるようになるかもしれません。

 

 

メールやLINEが流行っているからこそ、相手に好かれる文章作りが必要となります。

特に難しいということはないので、まずは自分で読み返してみて「この内容で良いかな」と確認するだけでも効果はあります。

客観的な視点を持つことによって、メールやLINEはぐっと上手になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です