善玉菌がスキンケアに役立つって本当?

お肌のケアは善玉菌で身体の中から!
善玉菌でお肌をきれいにしたいならやるべきことはこれ!

ヨーグルトなどを食べることて体内の善玉菌を増やすことができ、便秘を解消している方というのは非常に多いです。
実は、善玉菌というのは腸内にいるだけではありません。
表皮ブドウ球菌と呼ばれるお肌に元々いる善玉菌がいるのです。

この顔に良い菌を増やす、というのはスキンケアにおいて重要なポイントとなります。
日頃のお肌のケアにおいてこの顔に良い菌を増やしていくようにしましょう。
では、お肌が美しくなる菌というのはどのようなものなのでしょうか。

顔に良い菌、そして悪玉菌というのはビフィズス菌のような常在菌と同じなのでしょうか。
実は、お肌の菌というのは全く異なるもので、皮膚に存在している菌です。

種類によってはお肌に与えている影響もあれば、悪玉、善玉とに分類できます。
では健康なお肌をつくるうえで役立つ菌はどのようなものなのでしょうか。

実は表皮ブドウ球菌の数が多ければ、それだけ肌年齢というのは若くなります。
大好きな皮脂、汗を栄養にしているお肌のバリア機能を高めてくれるのです。

この菌がばい菌の侵入、外部からの刺激からお肌を守ってくれるのです。
粘着性のあるグリセリンを作り出してお肌を内側から潤わせてくれるのです。

しかし、その一方でお肌トラブルの原因となる悪い菌も存在しています。
お肌がアルカリ性に傾くと、黄色ブドウ球菌という悪い菌が増加します。

アクネ菌であったり、マラセチア菌といったものも悪い菌の一種で、お肌の乾燥の原因になりますし、ニキビの化膿の原因になることがあります。
潤いのある美肌を手に入れるうえで、このような悪い菌というのは天敵です。

そのため、お肌をプルプルの潤いのある状態にするためにも良い菌をしっかりと育てるようにしましょう。
お肌から良い菌が減少すれば悪い菌が増殖します。
つまり、良い菌を増殖するように心がけて、表皮ブドウ球菌を増やすということが重要になるのです。

普段のスキンケアをほんの少しだけ改善すれば、美肌に役立つ良い菌を増加させられるのです。
では、美肌をつくる良い菌を増やすにはどうすべきなのでしょうか。

まず、重要なことは洗顔において必要以上に洗い過ぎないことです。
お肌の汚れが気になっている時には洗顔をする前に蒸しタオルを使用したり、ぬるま湯の洗顔のみにしましょう。

洗顔料というのは洗浄成分が強力であるために、どうしてもお肌に必要な皮脂まで奪ってしまうのです。
ダブル洗顔なんてもってのほかです。

お肌というのは本来は水だけでも十分にきれいになるのです。
しかし、洗顔をすることで皮脂を奪いすぎたり、バランスを崩してしまうのです。

そこで、まずは洗顔の仕方を改善して、お肌が本来もっている良い菌、悪い菌のバランスに戻すことが重要なのです。
肌断食という言葉もあるのですが、お肌を本来の素の状態にすることで本来の美肌を手に入れるのです。
そう考えると、やはり必要以上に洗顔をするというのはお肌に負担をかけ、肌を本来の姿から遠ざけてしまうことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です