インナービューティーとお肌の乾燥

お肌の乾燥はどう防ぐ?
本当のインナービューティーとお肌の乾燥

お肌の乾燥というのは非常に辛いものです。
肌のお手入れをしているにも関わらず乾いてしまうということはよくあります。

20代ならまだしも、30代というのは肌の乾燥が様々なお肌の不調に繋がりますので少しでも早く改善をしなければなりません。
30代の乾燥肌には、お肌の外からだけでなく、身体の内からのケアが非常に重要になります。
ここで意識すべきなのは何なのでしょうか。

このお肌の潤いやハリといったものを復活させるためにはホルモンの働きが不可欠です。
30代というのは外側にかぎらず身体の中からのケアがとにかく重要です。
その中でもホルモンについてしっかりと意識をするようにしてください。
・肌のハリを蘇らせるホルモン
月経後にはお肌がきれいになったように感じる場合もあります。
これは実はホルモンが非常に深く関係しているのです。

女性らしさを司るもの、成長を司るものとホルモンにはいくつか種類があります。
この物質は20代後半になる頃にはかなり減少してしまっています。

加齢によってホルモンの分泌量というのは減少し続け、30代になる頃には分泌量のピークは過ぎています。
その一方で、成長ホルモンは分泌量はピークから少しずつ減少していきますが、その分泌量をある程度はコントロールすることが可能です。

成長を司るものは、皮下組織の水分量を高めることでお肌の弾性を維持したり、内臓脂肪を効率よく分解し、脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。
成長ホルモンの働きによって、お肌のダメージの修復、弾性の維持といった効果を得ることができるため、美容において非常に重要な働きをしているのです。

このホルモンはクリニック等で投与してもらうことでその量を増やすことも可能です。
しかし、その場合には高額な費用がかかってしまいますし、身体に直接投与してもらうというのはどうも恐怖を感じることもあります。

そこで、ホルモンの分泌量を高めるために日々の生活の中で努力をするようにしましょう。
例えば、重要になるのが運動なのです。

運動をした翌日というのはお肌にツヤやハリが戻ってしまうように感じるものです。
というのも、成長を司るものは運動後に多く分泌されるようになりますので、運動後に身体が若々しくなります。

普段の生活の中で比較的簡単に実践することが可能ですので試してみましょう。
また、成長ホルモンというのは寝ている時に最も多く分泌されます。
その中でも夜の10時から朝の2時の間に分泌量がピークになります。
そのため、この時間帯には出来る限り眠っておくよう心がけましょう。

徹夜続きでなかなか睡眠をとれていなかったり、運動不足が続いているような場合にはどうしても分泌量が低下してしまい、メイクによるお肌のダメージなどを修復できずに、お肌は状態が悪くなってしまうのです。

このような理由からも、普段からできるだけ睡眠をとるようにして、運動も取り入れてください。
たったこれだけのことですが、身体の内側からお肌は美しくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です