30代のお肌は荒れやすいから注意!

30代のお肌というのは実はとても荒れやすいです。
30代女性のお肌事情についてご紹介します。
ストレスに晒されているお肌というのは意識していても、していなくても日々荒れています。
結果的にどんどん刺激されてしまうようになるのです。

例えば次のようなお肌の変化が起こる可能性があるのです。
加齢によってコラーゲン、エラスチンのようなお肌を守っているタンパク質が減少してしまいます。
そして仕事によってメンタル面が不安定になりがちです。

なにより、間違ったスキンケアを行うことによってお肌が不安定な状態になってしまいます。
結果的に肌質に合っていない化粧品の影響を受けてしまうようになるのです。

このような刺激に耐えながら頑張ってきたお肌がどんどん悪い状態になっていくのがこの30代のお肌なのです。
ホルモンバランスの影響などによって、30代のお肌というのはどんどん変化していきますので、セルフケアによってしっかりとお肌のケアをすることが欠かせないのです。

また、睡眠不足というのもお肌の状態をどんどん悪くしてしまいます。
ストレスなどによる不眠、仕事による徹夜などといった睡眠不足というのは成長ホルモンの分泌量を低下させてしまいます。

そしてストレスは内臓機能の働きを低下させてしまい、便秘の原因になりますし、悪玉腸内細菌が増加することによって細胞がの生まれ変わりを長引かせてしまいます。
お肌の生まれ変わりがスムーズに行われなければお肌のツヤが失われてしまいますし、メイクをしてものりが悪くなります。

そして、皮膚のバリア機能が悪くなってしまうと、お肌の水分を保持すること自体ができなくなってしまいます。
そしてお肌を潤わせるために皮脂がいつもよりも多く分泌します。
その結果皮脂がいつもよりも過剰に分泌されてしまい、結果的にニキビができやすくなってしまうわけです。

お肌の乾燥が長引くと、角質が少しずつ薄くなっていきます。
この乾燥によって角質が薄くなっている状態で、それまでと同じように洗浄力の強い洗顔料などを使用しているとさらに乾燥してしまったり、お肌が炎症を起こすようになってしまうのです。

そのような状態がさらに長引くと、ターンオーバーの周期が異常に早くなり敏感肌になってしまうのです。
まだ不完全な状態の角質がお肌の表面に出てきてしまうので雑菌などに対して十分に抵抗することができないのです。

このようなお肌の状態を少しでも良くしたい、というのであれば規則正しい生活習慣をおくるように心がけてください。
そして結果的にお肌のターンオーバーも正常になり、きれいなお肌を手に入れられるようになります。

どれだけ効果なスキンケア化粧品を使用するよりも、まずはきれいなお肌を作ることができる状態にすることがなによりも大切なのです。
生活習慣の乱れやすい30代という年代だからこそ、普段の生活から習慣を見直すようにしてみましょう。
美容においても、健康においてもやはり最も基本となることはこの生活習慣を見直し、身体にとって良いことを取り入れることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です