脱毛エステに通わずムダ毛処理

脱毛エステに通うのが面倒…
脱毛エステに行かずにムダ毛を処理できる?

脱毛エステに通うというのは非常に面倒ですし、何度も通わなければならなない、ということもあります。
そのため、ついつい脱毛エステに行くのが面倒に感じる方も多いでしょう。

そこで、自宅でも手軽に実践することができる脱毛方法について考えてみましょう。

 

 
・ブラジリアンワックスを試す!

 
ブラジリアンワックス脱毛というのはどのような脱毛法なのでしょうか。
自宅脱毛というのは大きく分類すると4つの種類があります。

カミソリで剃ったり、除毛クリームを使用する方法が一般的です。
そしてレーザーやブラジリアンワックスを使用したものもあります。

それぞれの脱毛法にメリットもありますし、もちろんデメリットもあります。

カミソリを使用した時には、しっかりと費用を抑えることが可能ですし、手軽に実践することができます。
しかし、お肌に負担をかけてしまいますし、カミソリ負けをしてしまうのです。
なにより、毛先が鋭くなりますので生え始めは痒くなったり埋没毛の原因になってしまうことがあります。

除毛クリームも費用面は抑えることができますし、痛みなども少なく脱毛できます。
ただし、毛穴が少しだけ目立ちます。
というのも、ムダ毛を溶かして処理しますので、その分毛穴が黒く目立つようになることがあるのです。

レーザー脱毛は強力な脱毛効果があります。
短時間で効率よくムダ毛を処理することができます。
ただし、レーザーの場合には費用面がかなり高額になります。

最後にブラジリアンワックスです。
自宅でも手軽に使うことができるのがこのブラジリアンワックスです。
毛根からしっかりと取り除きますので、一度行えばしばらく脱毛せずに済みます。
毛だけでなく必要のない古い角質まで除去できるのでお肌がツルツルになります。

ただ、人によっては強烈な痛みを感じてしまうことがあります。

このように色々な脱毛方法があるのですが、その中でもおすすめなのがブラジリアンワックスです。
多少痛みはありますが、コストが非常に安いですし、回数をこなしているとだんだんとムダ毛が薄くなっていくといわれています。

慣れてくれば痛みもほとんど感じなくなりますので試してみてはどうでしょうか。
また、ブラジリアンワックスを使用すると、簡単にムダ毛の処理ができます。

ただし、そういっても一番気になることがあります。
それは脱毛時における肌荒れです。
お肌が弱い人は肌荒れを起こしてしまうことがありますので、その場合には砂糖を使用してブラジリアンワックスを試してみてはどうでしょうか。

添加物等も含まれていない砂糖での手作りワックスであればお肌にかかる負担も小さくなります。
水に砂糖とレモン汁を入れてドロドロになるまで煮込めばそれだけでワックスを作ることができますよ。

温かい状態でお肌に塗っておくと、その温かさで毛穴が開きます。
さらに、そのワックスが毛をしっかりと挟んでくれるので、ワックスが固まり次第剥がします。

毛穴が開いていることもあってあっという間にムダ毛を処理できます。
剥がす痛みはありますが、ムダ毛が抜ける痛み自体は非常に小さくすることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です