目の全切開法ってどんなプチ整形なの?

プチ整形というのは手軽に受けることができます。
目のプチ整形について考えてみましょう。

プチ整形というのは色々な種類のものがあります。
目のプチ整形だけでも種類はいくつもありますが、ここでは全切開法についてご紹介します。
・全切開法
この全切開法というのは昔から使用されてきた切開方法なのですが、目元の印象を劇的に変えることができます。
全切開法の施術は、二重のラインに沿うようにして切開を行います。
二重まぶたの手術というのは埋没法がスタンダードではあるのですが、日本においては埋没法よりも昔から行われてきた方法になります。

少し二重にしたい、目を大きくしたい程度ではなく、術前と術後の印象を大きく変えたい方にはこの全切開法がおすすめです。
良い意味で派手な印象になります。

埋没法と比較をすると、埋没法よりもはっきりとした変化をつくることができますので幅広い二重まぶたを希望している方やまぶたの脂肪が分厚い方は試してみてください。

全切開法を受ける場合には、まずは無料カウンセリングを受けることになります。
全切開法の術前には希望しているラインを確認し、そのラインに沿って切開してくっきりとした二重を作ることができるのです。

手術の時にはまぶたの表面部分からそのまま直接局所麻酔を行うことになります。
埋没法の手術と同じで、まぶたの裏側部分から麻酔を行う必要はありませんので、痛みもほとんどありません。
切開はデザインをしておいたラインに沿うようにして皮膚を除去します。

縫合は髪の毛よりも細い糸によって縫合をします。
これで手術自体は終了ですので、とても簡単です。

全切開法は術後の経過も安定しています。
しかし、手術当日は安静にしておくようにしてください。

動きまわったり、興奮をして血圧が上昇した場合には、内出血を引き起こしてしまうこともあります。
帰宅後にもアイスノンなどを使用して冷やすことによって、腫れを早く引かせることができます。

手術を受けてから3日後まではまぶたが腫れた状態が続きます。
その結果、目も開けにくくなってしまいます。

手術後1週間で抜糸になりますが、抜糸をしてからはアイメイクをすることも可能です。
抜糸によって腫れが一気に引いていくので安心してください。

手術後2週間にもなると、仮に内出血があったとしても2週間程度でわからなくなります。
それ以降はどんどん腫れも引いていき、3ヶ月くらいが経過すると切開をしたラインも赤みはほとんどなくなります。
目の印象というのは人によって全く異なります。
そしてどのような目になりたいのか、というのも一人ひとり異なります。

手術を受けるときには、まずはカウンセリングを受けてから自分がどのような目を手に入れたいのかどうかを正確に伝えるようにしましょう。
全切開法によってせっかく二重になっても、自分が思っているような二重になることができなければ意味ありません。

費用もかかりますし、身体にメスを入れるのですから、納得できる全切開法になることができるように医師に相談をしておくようにしましょう。
そうすれば理想としているくっきり二重の目を手に入れることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です