嫉妬なんてしたくないのに!どうして人は嫉妬するの?

恋愛関係で切っても切り離せないのが嫉妬です。したくないけれど、全くしないとなるとそれはそれで「私って彼のこと好きじゃないのかな?」と感じてしまいますよね。でも、できればしたくない…メカニズムを知っておきましょう。

4

*遺伝子が原因でもある!?

5

遠い昔、私たちの祖先の生きていくうえで一番大切なことは子孫の繁栄でした。子孫を反映させるために一度妊娠すればいいというものではなく、妊娠期間を生き抜くためにも、子供が生まれて自分と子供が生きていくためにも、男性の存在は欠かせないものでした。男性がいなくては身重の身体や子供がいる状態で狩りや採集に出かけることはできません。ですから、女性は男性を自分だけの相手にしておく必要がありました。男性は本能では、たくさんの子孫を残すというものがあり、一人の相手だけ…という考えかたではありません。そのため女性は嫉妬という感情を持つことで、男性を自分の物にしておくという本能を持っていたともいわれています。遺伝子というものは根強いです。ライフスタイルが180度変わってしまった現代でさえ、その遺伝子は根強く残っています。

 

*自分のものにしておきたいから

1

現代の生きていく目的が子孫繁栄ではないにしても、大好きな彼には自分だけを見ていて欲しいと思います。彼がちらちらよそ見をしていたら、自分のことだけを見ていて欲しいという気持ちが生まれてきますよね。

 

*自分に劣等感があるから嫉妬する

2

人間は基本的に自分が勝っていると感じれば嫉妬はしません。嫉妬してしまうのって、彼が自分より可愛かったり若かったり仕事ができたりスタイルがいい女性と接触しているときではありませんか?とはいえ、超絶な美人が全く嫉妬しないのかと言えばそうではありません。自分のことを認める力が弱かったり、自身がなかったり、自愛と呼ばれる自分を愛するということができていない場合は、見た目や肩書に関係なく、そもそも自分の価値を低く見積もってしまっていますから、「負けた」と感じて嫉妬をしてしまうのです。

 

*彼を自分の物にしたいという欲望

付き合っているからと言って、彼には彼の生活があり、男女関係は基本的には他人の関係です。でも、独占欲が強く抑えられない人は「彼を自分の物にしたい」という欲求が強くわいてきます。中には彼が自分の思い通りにならないと嫌だなんて言う人もいるでしょう。嫉妬を感じた時は、彼が自分思い通りにならないことに怒りを覚えていないかも考えてみましょう。自分の物にしたい・嫌な行動はとらないでほしいという気持ちは、どちらかと言えば彼を好きなわけではなく、自分のことだけを大事にしようとする欲望なことも多いです。それは愛ではありません。

3

嫉妬という感情はいろいろなメカニズムの上で成り立っています。冷静になってその感情の原因を見つめると、どうして今自分が嫉妬しているかということが見えてくるでしょう。嫉妬をなくすには、その原因を解消する必要があります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です