ベジタリアン・ビーガン・マクロビオティックの違いって知ってる?

以前は日本ではあまり見なかった菜食主義ですが、海外セレブのライフスタイルが紹介されるようになり、菜食主義の人も増えつつあります。またそれに伴い野菜専門のレストランや、ベジタリアン用のケーキなども簡単に手に入るようになってきました。でも色々な言い方があってイマイチどれがどれかわからない人も多いのではないでしょうか。

1     

*一番なじみの深いベジタリアン

2

この言葉が菜食主義に関する言葉の中では一番なじみが深いのではないでしょうか。ベジタリアンはその名の通りベジタブル=野菜を食べる人のことを言います。野菜以外の肉や魚は口にしませんが、牛乳など乳製品、卵などを食べることは許されています。また、中には魚を食べるベジタリアンもいて、その基準は人それぞれです。ベジタリアン=お肉は食べないという考え方が一番どの部類のベジタリアンにも当てはまる定義です。

 

*聞きなれない?ビーガンとは?

3

ビーガンとはベジタリアンの中でも、特に厳しい基準を自分に課している人たちのことを言い、日本語に訳すと絶対菜食主義と言われます。ビーガンの人たちは、野菜以外の物を口にはしません。その中には動物から作り出される牛乳などの乳製品や卵も含まれます。もちろん魚も食べません。ドレッシングや調味料にも厳しく目を光らせており、動物性のものは全く受け付けないという人も少なくありません。海外ではビーガン用のチーズの代替品が広く浸透しています。

 

*マクロビオティックはなんのこと?

5

ベジタリアンブームが広がり、日本でもその名が知られるようになったマクロビオティックですが、これは食事法の一つの呼び方です。このマクロビオティックはビーガンが基準になっています。また食品本来のものにこだわっており、お米は玄米で食べたり、野菜は皮もだしを作るのに使ったりという決まりがあります。添加物も食しません。またアルコールも禁じられています。マクロビオティックは食事法ですが、人によっては毎日このマクロビオティックに従って食事を摂る人もいますし、週のうち何日か取り入れ、身体のメンテナンスを行う人もいます。

 

*日本でも徐々に広がりを見せている菜食主義

日本には以前は菜食主義という観念があまり浸透していませんでした。その一方でアメリカなどの海外では、肉や魚を食べることは命を殺していることになるという考え方のもと、動物愛護をしている人に浸透しています。ベジタリアンやビーガンの人の多くは毛皮を着ることも禁じています。日本にも海外セレブのライフスタイルが紹介されるようになり、健康志向ブームも相まって菜食主義の広がりを見せていますが、まだ一般的な認知度は低いため、日本でビーガンとして生活することは、食事の面で様々な制限が多いです。

4

マクロビオティック教室も日本で人気が出てきています。これから菜食主義の人がどんどん増えていきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です