どうして!?いつも同じ失敗ばかり繰り返してしまう原因

仕事でもプライベートでも気づけばいつも同じ失敗ばかり繰り返しているということはありませんか?もう二度と同じ失敗はしないように気を付けているのに、気を付ければ気を付けるほど同じ失敗をする自分に幻滅をしてしまう…。これには実は簡単なカラクリがあったんです。

1     

*意識がそこに集中する

2

「もう二度とこんな失敗はしない!」と心に決めて集中して取り組むのに気づいたら同じ失敗をまたしてしまった…なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。「同じ失敗はしない」と心の中で思っているとき、“同じ失敗はしない”というネガティブなことに意識が集中していますよね。脳にはその意識が強く残ってしまうので、気を付けていたはずなのに、その“同じ失敗しない”という部分にフォーカスしてしまうのです。ネガティブな意思を持っていると、それに対しても苦手意識が生まれます。「もう失敗しない」の浦和には「失敗したらどうしよう」という不安も潜んでいるので、ダブルでその現実を引き寄せてしまうんです。考えれば考えるほどうまくいかないというのにはこういった仕組みがあります。

 

*イメージトレーニングを大切にする

3

もし「もう二度と失敗はできない」というくらいに自分が追い込まれている状況だとしたら、まずイメージトレーニングをしてみましょう。この時“同じ失敗をせずうまくいって安心している自分”というネガティブなワードは使わず、“成功して安心している自分”などのポジティブなワードを選ぶようにしてください。イメージングに言葉選びはとっても大切です。また苦手意識がある場合は、まずその苦手意識は自分が作り出してしまったものだと知ることも大切です。前回失敗した時に「真ぁ仕方ない、次頑張ろう」と思ったか「やっぱり自分はできない」と思ったかで、そこに根付く意識は大きく違いますよね。成功して喜んでいる自分と、そうなったと仮定して自分が感じるであろう感情をイメージしてみましょう。

 

*苦手意識を払しょくする

4

誰でも「もしかしたらうまくいかないかも」という不安を持ちながら行動すると無意識のうちに“うまくいかなくなる”選択をしてしまっていることがあります。まずはそもそも持っている苦手意識を払しょくしましょう。「自分はこれを苦手だと思っている」と認識することが第一歩です。しっかりと認識したら、「前回はたまたまここで失敗をしてしまったけれど、もう大丈夫」と意識の書き換えを行っていきます。無意識で苦手意識を感じているときはコントロールがききませんが、意識するだけでその苦手意識はコントロールすることが可能になります。

5

失敗しないように…と考えすぎた結果、失敗してしまうというのは少し皮肉な話ですよね。でも、意識が失敗に向かってしまうと、気を付けていたはずなのに思わぬところに意識が行きがちです。まずは自分の中の苦手意識をなくし、失敗することにフォーカスしないようにしてみましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です