これでサヨナラ!?生理痛を軽減させるための方法

女性であればだれでも毎月一度は悩まされてしまう生理期間。人により差はありますが、生理痛がひどければひどいほど憂鬱な気分になってしまうものですよね。でも、生理痛は生活習慣とも深く関係しています。生活を見直して改善することで、生理痛が軽減することも期待できますよ。

5

*お風呂に入る習慣をつける

2

毎日浴槽に浸かっているでしょうか?特に冬の季節は体がとても冷えやすいですよね。体の冷えは血行を滞らせてしまうので、それが原因で生理痛が悪化してしまうことがあります。生理期間だけに限らず、できるだけ浴槽に浸かり体を芯から温める習慣をつけておきましょう。またそのほかの方法でもできるだけ体を冷やさないことが大切です。暖房に頼って肌を露出して部屋で生活するのではなく、部屋着などを工夫して内側から温めるようにしましょう。外に出る時も脚、首、お腹などのポイントは重点的に温かくしておいてください。

 

*お酒やたばこを減らす

 

生理痛がひどい人でお酒を飲むのが好きな人、たばこを吸う習慣がある人はできるだけ量を減らすようにしましょう。特に生理の1週間前は特に気を付けてほしいです。お酒の飲みすぎや喫煙は代謝を落としてしまいます。代謝を落とすと血液の流れが悪くなるので、結果として生理痛の原因になってしまうのです。やめるのはなかなか難しいと思いますが、自分の生理周期を知り、上手くコントロールできるといいですね。

 

*朝ごはんを食べる

3

朝ごはんは一日に活動する為のエネルギーを左右する大切な食事です。朝ごはんを抜いていると、脳の働きが悪くなるとはよく言われますが、同時に体の働きも悪くなります。代謝を普段から上げておくためにも、朝ごはんはしっかり食べるようにしてくださいね。朝ごはんはダイエットの面から考えても和食がお勧めです。

 

*有酸素運動をする

4

生理痛の原因である血行不良を改善するには日ごろから適度な有酸素運動を行うといいと言われています。日ごろから運動をしていると代謝が上がり、体の内側から温めることができ、結構の流れが大幅に変わるからです。もし運動する習慣が全くないのなら、週に1度や2度程運動する習慣をつけてみませんか?激しい運動である必要はありません。ジョギングやウォーキングでもいいですし、まずはストレッチから始めてみるのもいいですね。適度な運動をする習慣をつけることで、代謝がかなり上がります。生理中は体がだるくジョギングなどはきついと感じてしまうと思います。しかし、生理中こそ体を動かすことで下腹部の痛みは軽減されます。無理のない程度に歩いてみたり、ストレッチをするようにしましょう。

1

生理痛の痛みは人それぞれだからこそ、なかなか理解してもらえないものですよね。できることなら誰もが軽減させたいと思います。自分の習慣を見直して、できることから改善してみましょう。1か月も続けていれば、体質の変化にびっくりすると思いますよ!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です