頭痛に悩まされる女子急増?その理由とは

今や15歳以上の日本人のうち、3人に1人は頭痛に悩まされていると言われています。

この記事を読んでいる方の中にも、「たまに頭痛になる」「いつも頭痛に悩まされている」という方も多いかなと思います。

 

すでに現代人で頭痛を持っている方は、日本中に溢れていると言えますね。

しかし、そもそもなぜそんなに頭痛を持っている人が増えているのでしょうか。

女性の中にも頭痛持ちの人が多く、それにはある理由もしっかりと存在します。

 

理由を知って、少しでも頭痛にならない生活習慣を送りたいものですね!

 

■過眠・睡眠不足

眠りすぎたり、全然寝られなかったりすると、頭痛になることが多くなります。

人間と睡眠には、深く体調に関係していることがあり、睡眠を取りすぎても体調不良になりますし、睡眠が足りなくても頭痛となります。

 

眠れないと人間はストレスを感じ、危険信号を発信します。

その危険信号が、頭痛を誘発してしまうんですよね。

ここでは難しい言葉は使わず、簡単に説明しているので、メカニズムが知りたいという方は、詳しく調べてみると良いかもしれませんね。

 

近年、働く女性が多くなり、不眠症になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

逆に休日になると昼過ぎまで眠っているということも・・・。

そういったライフサイクルの乱れは、身体の不調を引き起こすので避けたいところです。

 

■女性ホルモンの変化

女性特有の頭痛の特徴の一つが、女性ホルモンの変化による症状です。

人間にはそれぞれ性別ごとにホルモンが分泌され、それによって性別というものがより一層特徴を変化させていきます。

女性には、女性ホルモンが多く、それによって胸や腰回りが成長します。

 

このバランスが崩れると、女性は大量不良を引き起こしてしまうんですよね。

イライラしたり、胃袋が痛くなったり、ストレスを感じたり、吐き気を感じたり・・・。

女性の精神面にも影響しているので、頭痛などもより多く引き起こしてしまうのです。

 

運動不足はもちろん、仕事によるストレスや日常生活の乱れによって、ホルモンバランスが崩れている女性は、年々多くなっています。

これによって、頭痛に悩まされる人はさらに増えていくかもしれません。

 

■光や音による刺激

パソコンや携帯電話、テレビ、ラジオなどのメディアが発達したことで、毎日のように光や音の刺激を受けている人が急増しています。

これが近年の偏頭痛などに大きな影響を与えていると考えている人も多いです。

 

仕事で1日8時間以上パソコンの光を浴びている方も多いですし、都会で仕事をしている方は騒音も感じているでしょう。

そういった光や音というのは、人間の身体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

また、近年はスマホが普及したことによって、目に対する光の刺激も急激に増えています。

中には、パソコンとスマホを合わせて1日12時間以上刺激を受けている女性もいますね。

これは自ら頭痛を誘発しているようなものなので、控えることが必要です。

 

 

しかし、遊びの場合は我慢できても、仕事でパソコンやスマホを使っている人は深刻です。

定期的に目を休めて、刺激を一旦シャットアウトすることが重要です。

できれば1時間に数回は目を休めることが好ましいですね。

そのほかの要因についても、解決していくことが大切だと言えるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です