既婚女性に聞いた!結婚は本当に幸せ?それとも不幸?

年齢を重ねてくると、女性は「そろそろ結婚しないとなぁ」と思うかもしれませんね。

近年は結婚の晩婚化が進んできているので、結婚していなくても偏見の目で見られることはほとんどなくなっています。

「それでも・・・結婚しないと行けないような気がする」なんて思っている方もいます。

 

ただ、本当に結婚したからといって幸せになれるのでしょうか。

日本では、結婚した夫婦の3組に1組は離婚しています。

これほど大きな数字となっているのは、先進国の中でも高い方だと言えますね!

 

そこで、実際既婚女性に「本当に幸せかどうか」というなんとも聞きづらいことを聞いてきました!

 

 

■女性A:満足はしているけれど不満点もある

ある女性の答えが「満足はしているけれど、不満点もある」とのこと。

基本的に結婚は妥協してすることが多いとも言われており、相手のすべてに納得して結婚しているという方はほとんどいません。

実際、それがだんだんとストレスになり、離婚の原因になることもあります。

 

満足はしていて、毎日の生活にも不満は特にない。

しかし、旦那に何気ない一言で傷つけられる女性もいますし、日常生活で気に入らない点も出てくるのが結婚生活というものです。

 

全ての夫婦が円満な関係を続けているかというと、首をかしげたくなるかもしれませんね。

当然、夫婦たるものそれを乗り越えていくべき・・・とは言いますが、時代的に「そこまでして結婚する必要があるの?」という方が増えているのも事実です。

 

■女性B:何気ないことでイライラしてしまって後悔している

結婚してから相手の本当の姿に気づくという女性も、少なくはありませんよね。

付き合っている当時は、デートもまめにしてくれていたし、色々なところに連れて行ってくれた・・・でも今はまったくない。

そういう女性が多くなってきているのかもしれませんね。

 

最終的には、相手と同じ空間にいることがイライラのもととなってしまい、自分の時間がどうしても欲しくなるという方もいるくらいです。

結婚も付き合いも、程よい距離感でいることが重要なのかもしれません。

 

結婚に公開していると言われると、さすがに男性も傷つくと思うので、正直に言えない女性もいます。

それが、結果的にさらなるストレスになってしまっていることもあるのです。

 

■女性C:まったく不満がなくて幸せに満ちている

ある女性は、結婚に対してまったく不満がなく、幸せに満ちているという女性もいます。

結婚生活というのは、当然好きな人とするわけですから、幸せに満ちているという方も大勢いるということですね。

 

基本的に離婚するカップルが3組に1組ということは、残り2組は円満に生活しているということです。

当然、我慢しながら結婚生活を送っている人も含めると、3組に1組は幸せに満ちている夫婦生活を送っているということが言えそうですね。

 

ただ、アンケートの場合は「自分が幸せだと思い込みたい」というタイプの女性もいるため、「幸せだよ」と言っていても実は冷めているということもありますね。

果たして結婚は本当に幸せなのかどうか、それは個人的な判断に寄りそうです。

 

 

結婚は、人それぞれ幸せな家庭もあれば不幸な家庭もあります。

基本的に結婚という概念が近年は変わってきており、メリット・デメリットで考える方も増えています。

もはや自由に結婚できるのが日本の特徴なので、価値観は今後も変わっていきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です