また太った!ダイエットでリバウンドしてしまう理由と対策

せっかくダイエットを頑張ったのに、リバウンドしてしまうという女性も多いのでは?

実はリバウンドしてしまう人には、しっかりと理由があります。

まずはその理由をしっかりと受け止めて、改善していくことが必要ですね。

 

何度ダイエットしてもリバウンドしてしまうという方は、おそらくすでにリバウンドが身体に染み付いてしまっている訳です。

あまり難しい言葉は使わないように説明するので、リバウンドしてしまう理由について考えてみてください。

 

■停滞期を乗り越えられなくてリバウンド

リバウンドの多くが、停滞期を迎えてリバウンドしてしまうというパターンです。

人間の身体というのは、本来は食べたものを脂肪やエネルギーにして生命活動を維持するように出来ています。

しかし、リバウンドすると当然身体に与えられるはずの栄養が行き渡らなくなります。

 

そうなると身体が「これって身体がやばい状態なんじゃないかな」と解釈し、脂肪の消費を極限まで抑えてしまうのです。

これはホメオスタシスという身体の機能のことであり、エネルギー消費量が格段に下がってしまうことを意味しています。

 

つまり、停滞期を迎えて体重が減らなくなっているのは、身体の防御反応の一つということですね。

ここで「体重減らなくなっちゃったな・・・ここが限界なのかな」と思って、普段の食事に戻してしまう方が多いのです。

停滞期は乗り越えると楽なのですが、乗り越えるのがまた辛い!

 

■空腹感に勝てなくてリバウンド

身体に脂肪が吸収されると、人間の身体は「脂肪を吸収できているし健康な状態だ」と判断します。

ダイエット中は、脂肪のあるものを食べないようにする人が多いため、摂取量が少なくなると「空腹感を与えて脂肪を摂取しないよ」と脳が反応します。

 

結果的に空腹感がどんどん大きくなっていき、我慢できなくなった時にいつもより多く食べてしまうということになります。

当然、普段の食事より多く食べてしまうので、もしかしたら以前より身体が大きくなってしまうかもしれません。

 

無理なダイエットには、こういった怖い側面もあるんですね。

その空腹感を正常だと身体が認識するまで、約1か月かかると言われています。

ダイエットする時は、食事の量は変えず、とりあえず1か月慣れていくことが重要ですね!

 

■精神的なストレスが溜まってリバウンド

リバウンドする人の多くは、「食べたいというイライラに勝てない」ことが原因です。

食事をしないと、当然人間の身体はイライラしてきます。

その精神状態で我慢できるほど、人間の身体というのは優秀ではないのです。

 

我慢を重ねた分、自分の都合の良い言い訳を見つけてきて、それを正当化します。

例えば「昨日は食事制限頑張ったから、今日はたくさん食べても良いよね」という考え。

これはとても危険です。

 

ダイエットする時は、一定の食事メニューを考えて、ある時は極度に少なくしたり、あるときは多くしたりすると身体のバランスも崩れます。

それはかえってストレスになってしまうので注意しましょう。

 

 

 

リバウンドするという方は、必ずその理由があります。

理由を明確にして、ダイエットを上手に成功させていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です