インナービューティーなら髪の毛も若々しく

髪質も低下する30代には髪の毛のケアも欠かせません。
インナービューティーで髪質を良くしましょう。

30代ともなると、髪の毛の質も少しずつ悪くなっていきます。
お肌だけに限らず髪質の低下に悩んでいる女性も少なくないようです。

では、具体的にはどのような症状が出るようになるのでしょうか。
まず、最も多いのは最初に髪の毛が細くなることです。
髪の毛が細くなることで、髪の毛の本数が減少したかのような感覚になるでしょう。

さらにストレートヘアだった人であればくせ毛のようにうねるようになったり、パサパサになってしまったり、抜け毛の量が増えるといった症状が出るようになります。
また、それまでには髪の毛の量が多くてどんなヘアスタイルをしてもボリューミーで納得のいくヘアスタイルにできなかった…。
そのような方でも髪質が変化していきます。
前髪の立ち上がり方が悪くなってしまったり、髪の毛のボリュームがどんどん少なくなってしまうなどもあります。
このように髪質というのは30代を境にどんどん変化していきます。

そしてボリュームがなくなると、髪の毛と地肌との色がはっきりと分かれるようになってしまい、地肌の透けが目立つようになるのです。
早ければ20代の後半にはすでに髪質の悪化による薄毛などを発症してしまう方もいます。

薄毛や髪質の悪化というのは男性だけの悩みではなく、女性も同じように悩みを抱える可能性があるということを覚えておきましょう。
・髪質の変化は血液の流れと女性ホルモン
髪質が悪化してしまう原因には、血液の流れと女性ホルモンが深く関係しているといわれています。
中でも髪のうねりの原因となっているのは、血液の流れが滞っている、ということです。

年齡を重ねることで少しずつ頭皮へ送られる血液の量というのは減少しやすくなります。
さらに運動不足や生活習慣の乱れによって血液の流れが悪くなれば、頭皮へ送られる血液の量はさらに減少してしまいます。

また女性ホルモンは髪の毛の成長を司っていると考えられています。
つまり、ホルモン量が減少してしまえば髪の毛の成長を促進させることができなくなり、髪の毛の質はどんどん悪化してしまう可能性があるということになります。

このホルモンの分泌量というのは20歳をピークにして年々低下していきます。
そして45歳から55歳の、つまりは更年期になるとさらに激しく減少していきます。

年齡を重ねることでホルモン量は低下していきますので、ホルモン量の減少を最小限に抑える必要があるのです。
ストレスを蓄積しないようにして、睡眠の質をしっかりと高めるように努めましょう。

ストレスの蓄積、睡眠不足はどちらも頭皮の血行を悪くしてしまい、ホルモンの分泌量を減少させてしまいます。
いつも仕事に追われ、睡眠もろくにとれていないような状態では髪の毛の成長を促進することなんて不可能です。

また、睡眠不足だからといって1日にまとめて睡眠時間を稼ぐようなことは意味がありません。
毎日の睡眠の質をアップさせ、ストレスをこまめに解消することで、身体の内側から髪の毛をきれいにすることができます。
髪の毛のインナービューティーについてしっかりと意識をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です