あなたは自分のことどれだけ知ってる?自分の理解者になろう

家族よりも彼よりも一番多くの時間を過ごすのは自分自身ですよね。自分とは24時間365日離れることができないのに、意外と自分のことってわかっているつもりで、わかっていないものだと思います。たまには自分のための時間を取って自分のことを知る機会を作っていませんか?

1

*友達のことはわかるのに

3

あなたの大親友の一人を思い浮かべてみてください。その人が好きなもの、好きなテイスト、嫌いなこと…などは簡単に思いつくのではないでしょうか?一緒に買い物に出ていなくても「これ○○ちゃんがすきそうだな!」なんて思って、今度一緒に行こうという話になったこともあるかもしれませんね。またこういうことをすると彼女は機嫌がよくなる・悪くなるということも知っているでしょう。

それと同じようにあなたは自分のことを誰かに説明できますか?自分の好きなこと嫌いなこと、きちんと言葉にして伝えることができるでしょうか?

 

*人に合わせて自分がわからなくなる人が増えている

2

人に合わせること=協調性が大切だと言われて育ってきた私たちは時々自分のことを見失ってしまいます。特技が「人と合わせること」なんて言っちゃっている人は要注意!もちろんそれが特技になることもあるでしょうが、それって自分らしさを大切にできていませんよね。

まず自分を知る。知ったうえで、人に合わせる・譲歩できるところはするという選択をしているのならいいですが、なんでもいいから人に合わせてしまっているという場合にはまず自分を知るという作業をしましょう。

 

*自分を知っていれば自己アピールができる

5

仕事の面接なので自己アピールというのがあると思います。それを上手にできないということは、自分のことを知らないから。自分を客観的に見てみると「こういういいところがある」というのがわかりますよね。仕事でも恋愛でも自分のいいところがわかっていると自分を相手に上手に売り込むことができるので大きな強みになります。どんなにいい商品もその中身を知っていないと売り込むことができません。それと同じで自分のことをどれだけ知っているかというのは、自分を売り込むうえでは欠かせません。もしあなたが今チャンスに恵まれていないと感じたり、出会いはあるのに恋愛が上手くいかないと感じているのなら、それは自分のことを知らないのが一番の原因の可能性もあります。人間関係は何にも代えがたい財産であり、どのようにその人間関係を発展させていくかで人生は大きく変わっていきます。そのためにもまず自分のことを知り、会う人にあなたの魅力をもっと伝えられるようになるといいですね!

4

自分のことは知っていると思い込んでいるからこそ、改めて振り返る機会はなかなかないと思います。でもより良い生き方をしようと思ったら自分のことを知るというのは何よりも大切なことです。次のお休みは自分磨きを一度お休みして、自分のことを知る機会にしてみませんか?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です