自分でも超絶イヤ!惚れっぽい性格、どうにかならない?

恋愛体質といえば聞こえはいいけれど、惚れっぽい性格過ぎて色々な男性に目移りしちゃうという女性もいるのではないでしょうか?

そのせいか友達にも『また好きな人ができたのォ?』なんて呆れられてしまう始末。

羨ましがられる時もあるけれど、自分でもいい加減に何とか出来ないものか・・と悩んでいる人もいるのだとか。

惚れっぽい性格は、どうやってコントロールすべきなのでしょうか。

1

性格は正直で他人の良い面を見つけることが出来る人?

2

惚れっぽい人は明るく大らかで、素直で正直な人が多いとされています。

「惚れる」というのは、異性の良い点、素敵な面を発見しやすいという側面もあるため、どんな人に対しても『良い部分』を見つけることが出来るという長所もありますね。

会社でも飲みに行っても「あの人カッコイイな~」なんて思う時は多々ありますが、惚れっぽい人は、すぐに行動に移したくなり、積極的に話しかけたりアプローチをしてしまう傾向にあるようです。

女友達には呆れられてしまうこともあるようですが、男性陣からは人気があり、行動力があるので彼氏も作りやすいというメリットがありますね。

 

ストライクゾーンが広いのはデメリット?

4

また、惚れっぽい女性はストライクゾーンが広めの傾向にあるようです。

例えば、普通の女性が

「なんだかアイツ不潔だわ」

「ブサイクだし絶対無理」

と感じる男性に対しても、どこか良いところはないか・・?という目で見ているといいます。

そんなことない!!と惚れっぽい女性は否定するかもしれませんが、深層心理では常に新しい男性を求める「ハンター」になっているそうで、どんな男性に対しても、何がしかの良い点を発見するとハートに火がつきやすいのだとか。

ストライクゾーンが広いことは決してデメリットではありません。

男性の価値はルックスや収入面だけで決まるものではないので、あなたのように様々な角度から男性を見つめ直すということは重要だといえるでしょう!

 

惚れっぽい性格を抑え込むのは止めましょう!

5

惚れっぽい女性はいつでも次の恋愛をスタンバイしていることから、自分磨きに余念がない人が多いと言います。

メイクやヘアスタイル、ファッションは勿論のこと、様々な面でたゆまぬ努力を重ねているはずですね。

例え、今日と明日で好きな人が変わってしまっても、問題はひとつもありません。

自分が納得した形、納得する方法で、お好きな男性と恋愛すればいいだけ。

妬む友人もいるかもしれませんが、実際にはきっと羨ましいはずです。

たくさんの人と恋をして、経験を積んで、この人だ!!と思った男性とステディな関係になればいいだけのハナシ。

惚れっぽい性格がイヤ!!だなんて思わずに、積極的に人生を謳歌したいものですね。

3

惚れっぽい恋愛体質の女性は素敵ですが、ひとつ気にかけねばならない点があるとしたら、トラブルです。

友人の彼を好きになった、彼氏の友達を好きになってしまった・・というケースは大きなトラブルに発展しかねません。

上手にクリアする方法や抜け道を用意しておくことも、惚れっぽい女性の必須アイテムといえるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です