恋人が欲しい女子の為の男子調教マニュアル

合コンでも、オフでも、文化教室でも、男性と付き合えないのなら、婚活ではありません。では、どうしたらいいの?ルックスを磨いても、限度があります。そこで、ワンランク上を行く、リアルな傾向と対策です。

 

実は、男性を寄せるのに、ルックスは、実は決定的なモノでは、ないのを知ってください。

 

もてないのは、微分的な極わずかなテクニックの差なんです。この少しのテクニックをやってみたら、男性が寄ってきやすいんです。容姿の個性的な(失礼!)女芸人でも結婚できている位ですからね。新婚さんいらっしゃいでは、明らかにキレイではない女性が、結婚できています。男性が振り向くだけの容姿が無いにもかかわらず、男性をゲットできるのか?ツボがあるとしか思えません。

 

また、それさえチェックしておけば、話が簡単な気がします。そうなんです。容姿は、ある方が、絶対有利です。ですが、クリティカルな要素ではない。そういう、事実を知れば、なんだか勇気が湧いてきますよ。

 

このテクニックをやれば、男性がいる状況で、こちらへ振り向かせられます。じゃあ、テクニックって?まず、理解・共感を得られるテクですよ。婚活しようとしても、容姿や外交性がないと、難しいですよね。それでも、あきらめるられないあなたにオススメ。

 

まず、共感です。

 

とりあえず、男性の話をよく聞きましょう。男って、自慢が大好きです。自分を大きく見せたいんです。それは、動物の求愛行動からしてそうです。

 

ですので、仕事や趣味の話題に対して、興味を持って聞いていきましょう。そうすれば、またお話を聞いてくれると思って、次の機会が得られるかも知れません。

 

だいたい、美人は人の話を聞きません。男性は、そうした美人に懲りている場合もあります。最初は誰だって、美人を狙いますからね。その顕著な例が、鈴木おさむと結婚した大島美幸ですね。

 

また、ビューティーコロシアムでは、出場者がゲストの話をよく聞くと、話題になっています。そして、意地悪な女共が、「○スだから、人の話を聞かないと、世の中に出て行けないのよねえ。」と、ほざいています。

 

ここで女王様のような調教です。男性を教育するんです。男性のツボを突くテクニックでもあります。

 

 

人は誰しもそうですが、一緒に何かを体験すると、共通意識ができます。アプローチしやすくなるんですね。最近はありがたい話、インターネットで、同好の志が、簡単に集まれます。

 

いわゆる、オフに出かけましょう。もし、歴女や鉄子などのオタクならば、楽勝。女ほどではないです。が、男も、知らない世界を知りたいんです。また、コアな世界は、学歴も知能も通用しません。でも、そこまで極めていなかったら?

 

オフで、男性の知らないモノは、絶対あるはずなので、とにかく教えてあげましょう。林先生の初耳学という番組がありますが、あんなインテリでも、カバーしてないところはあるんです。とりわけ、むさい男の趣味ですと、器量が良くない女性でも、レア物です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です