きのこ好きさん集まれ!美味しいきのこを夜食べて『きのこダイエット』はいかが?

美味しいきのこをたっぷり夜に食べるだけで簡単に痩せることが出来る!!と注目を集めている『夜きのこダイエット』。

カロリーは何となく少なそうだけど、どうやったら一番効果的なのでしょうか?

きのこ好きさんにはもってこいの『きのこダイエット』、今晩から実践してみてはいかがでしょうか?

5

キノコキトサンが内臓脂肪を燃焼してくれる?

1

食物繊維がたっぷりでカロリーも少ないきのこ。

積極的に料理に使いたいものですが、実はきのこが持つ素晴らしさはそれだけではありませんでした。

なんと、きのこには『キノコキトサン』と呼ばれる成分が含まれており、脂肪燃焼や脂肪分排出効果があることが分かっているそうです。

『キトサン』といえば、蟹の甲羅やエビの殻にふくまれる成分で、ダイエットサプリメントなどにも含まれているのは有名ですが、きのこにも同じようなキノコキトサンが含まれており、ダイエットに大きな効果をもたらすことが判明しているのだとか。

研究結果では1日300gのきのこを8週間食べ続けた結果、内臓脂肪の面積が半分以下になった人もいたそうです。

まさしく、おそるべききのこパワーといったところですね!

 

豊富なビタミンBが脂肪をエネルギーに変換!

2

きのこには多くの栄養成分が含まれています。

その中でもきのこに多く含まれるビタミンBは、体内に蓄積された脂肪分をエネルギーに変えて燃焼させる効果があるそうです。

代謝力が落ちてくるアラサー、アラフォーの女性は脂肪分を体内に蓄積しがちですが、きのこに含まれるビタミンBは、脂肪をしっかりと燃焼して体外に放出してくれるため、余計な脂肪分をため込む心配が大幅に減少します。

ただしビタミンBは体内に貯めておくことが出来ないので、毎日きのこを食べ続ける必要があるそうです。

 

夜に食べるのがオススメ?どんなレシピで食べたらいい?

3

きのこダイエットはいつ実行しても構いませんが、やはり一番効果があるのは夕食時といえるでしょう。

運動量が少ない深夜の時間帯でも、キノコキトサンやビタミンBが体内でしっかり活動してくれるので、脂肪が蓄積される心配が減少します。

どんな食べ方でも合うきのこですが、一番良いのはお味噌汁やスープに大量に入れて摂取する方法でしょう。

1人前200g程度のきのこを使って、他の野菜などと一緒にお味噌汁やスープに使ってみましょう。

味は何でも構わないので、飽きないように工夫する必要があります。

また、きのこを使って『炊き込みご飯』や、ハンバーグに混ぜ込んでも美味しいですよ!

どんなきのこを使ってもいいですが、キノコキトサンが最も豊富なのはエノキダケなので、エノキダケは積極的に食べたいですね!

4

 

食事制限をするダイエットは毎日継続してこそ効果が得られるものです。

味に主張がなく、美味しく手軽なきのこだからこそ、継続可能なのではないでしょうか?

お好きなきのこや、様々な種類のきのこを使って、毎日のレシピに加えるだけで簡単にできるきのこダイエット。

きのこ好きさんには、文字通り『美味しい』ダイエットといえるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です