一年の目標を定めるとより充実した一年になる!?

新しい年が始まり、気持ちも新たに過ごしている人が多いと思います。やはり一年のはじめというのは私たちにとって大切なものですよね。あなたは一年のはじめに目標など定めているでしょうか?目標を決めるも決めないも自由ですが、目標を定めることでより意義のある一年を過ごすことができますよ。

5

*今年はどんな一年にしたいのか?

1

まず自分が今年一年でどんな状況でどんな風に過ごしたいかを考えてみましょう。今こんな状況だからこれくらいかな…と小さく見積もる必要はありません。自分がこうなりたいと思い描くものをしっかりと想像してみましょう。そしてこういう自分でいるということを文字にして明確にしましょう。違和感があるかもしれませんが、この時はもうすでにその状況になっていると考えて「今年はお金の流れがよくなり生活に潤いが出た」など過去形で書くのがお勧めです。願望を言葉や文字にして明確にしておくことは、とても大切です。この機会にずっと思って叶えられなかったことを目標に設定してみませんか?

 

*細かい願いも書いてみる

2

あなたには今欲しいもの・行きたいところなどもありますよね。例えば「○○のブランドのバッグが欲しい」や「ヨーロッパに行きたい」などの目標です。そういった細かい願いも過去形にして書き出してみましょう。これはノートや手帳などいつでも見えるところに書いておくのがお勧めです。自分だけが見るものなので、書くときには「これは難しいだろう…」なんて躊躇せずに思うがままに書いて大丈夫です。何個になってもかまいません。また書いているときに「こんなこと書いているけど叶うわけがない」とは思わないでくださいね。実際に物を手に入れている自分・そこに行った自分などを想像しながら楽しんで書くのがポイントです!

 

*一年の終わりに見返すことも忘れずに

3

大きな願いも小さな願いも書き出して後から見返すことで、「こんなに叶っていたんだ」と実感することができると思います。細かく見返して叶ったら叶った日付などを入れていってもいいですね。そして、たくさん書けば書くほど、達成できなかった願望も出てくるでしょう。でも、それで悲観することはありません。それはまだ叶うタイミングではなかったり、あなたにとって必要がなくなった願いの可能性もあります。まだ叶うタイミングではなかった場合、あなたにまだそれを受け取る器ができていない可能性もあります。自分の今がどうなのか見返すいいきっかけにもなりますよね。

4

 

一年の計は元旦にありとよく言われますが、それよりも「思い立ったが吉日」です。区切りとして1年のはじめに目標を立てるのもいいですし、自分なりのタイミングで目標を立てても大丈夫。なりたい自分の姿・自分の欲求を明確にして生活していくことでたくさんの奇跡が自分の周りに起きてきます。まずは思いつくままに自分の願望を書き連ねてみましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です