面倒な美容師を撃退!快適に髪をカットする方法

「美容室に行くのが楽しくて仕方ない」という人がいるのも分かります!わかりますが、実は美容師が苦手な人も結構多いのではないでしょうか?

「なんか馴れ馴れしく話しかけて来るし・・・苦手」という女性も多いはずです。

中には美容師にナンパされた人もいるらしく、ちょっと面倒な美容師も多いですよね!

 

せっかく髪の毛をカットしに行っても、そういった美容師がいたら行きたくないのも事実。

「店を変えたら良いのでは?」という意見もありますが、店のジャンルや種類によっては限られることもありますからね。

 

そこで、面倒な美容師を撃退する方法を紹介します!

これで快適に髪の毛のカットができますよ!

 

■雑誌にとにかく夢中になってしまう方法

もう何を聞いても無視するくらいの勢いで、雑誌に没頭してしまいましょう!

美容師の方も雑誌に夢中になっている時に話しかけてくることは少ないはず。

 

ただ、これは逆効果になることもあります!

会話に尽きた美容師が、ここぞとばかりに雑誌のことに突っ込んでくるかも。

 

そうした場合は、今度は雑誌を閉じて応戦しましょう。

本来美容師は「お客さんとのコミュニケーションが大事だ」なんて言われているもんだから、積極的に話しかけてこようとするんです。

これは職業柄仕方ないことかもしれないですが、迷惑な時は雑誌に逃げましょう。

 

■バレない程度に寝たふりをする方法

美容室は静かで快適なチェアの場合、眠くなってくることもありますよね。

その状況を上手に使って、本当に眠ってしまうという方法もあります。

この方法だと、無闇に相手は話しかけることができなくなるでしょう!

 

ただ、眠ってしまうとカットの時危ないこともあり、美容師に起こされてしまうこともあります。

「○○さーん、起きてください」なんて言われたら、逆に「もしかして眠っちゃった?あは」とうざいコメントが飛んでくるかも。

 

眠る時には、事前に「ちょっと疲れているから眠っても良いですか」と伝えてみて下さい。

場合によっては考慮してくれて、寝ながらでもカットしてくれる店もあるかも。

 

■正直に「話しかけないでほしい」と言う方法

美容師の方もとにかく美容室を楽しんでもらいたいと気張っています。

当然リピーターを増やしたいですし、自分の評価を高めたくてギラギラしている美容師も数知れず・・・。

そんな時、正直に「話すのが苦手だから話しかけないでもらえますか」と伝えて下さい。

 

この方法が一番効果的だと言えますね。

実際面と向かって言えない場合は、予約の時に伝えておくと良いです。

話すのが苦手な女性は結構多いですし、実はそういう要望を美容室が受けることは少なくありません。

結構苦手な人が多いということですね。

 

ただ、場合によっては「じゃあ楽しく話せるように頑張ろうよ」なんて心が折れない面倒な美容師もいます!

こういう相手に対しては、無視とスルーを徹底することが良いかもしれませんね。

 

 

もちろん!美容師は楽しませようと会話してくれていますし、色々気を遣ってくれているものです・・・悪い人もそこまでいないでしょう。

しかし、迷惑なものは迷惑だとしっかり伝える態度や言葉が必要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です